\ フォローしてね /

簡単!レモンクリームのアメリカンスコーン

このライフレシピのもくじたたむ

スコーンといえばイギリスのお菓子。でも、実はアメリカンスタイルのスコーンも存在します。違いをご存知ですか?

アメリカンスコーンの一般的な特徴は、形が三角でサイズが大きいこと。その昔、アメリカのカフェでスコーンを注文したら食パンを斜め半分に切ったサイズのどっしり重いスコーンが運ばれてきて、驚いたことがあります。

また、イギリスではクリームとジャムを付けて食べるのであっさりしていますが、アメリカのスコーンは何もつけずに食べるためバターやクリームをたっぷり使ったリッチな生地になっており、チョコレートやドライフルーツ等がゴロゴロ入ったものも多いです。

今回ご紹介するのは、レモンとクリームで仕上げた、シンプルだけどリッチなアメリカンスコーンです。このレシピは日本向けに1/3サイズで作りました。

材料(6個分)

  • 薄力粉…130g
  • 砂糖…大さじ2
  • ベーキングパウダー…小さじ1
  • 塩…小さじ1/2
  • バター(冷えたもの)…30g
  • 卵…1個
  • 生クリーム…100ml
  • レモン皮(すりおろし)…1個分

作り方

STEP1:粉類とバターを合わせる

薄力粉と砂糖、ベーキングパウダー、塩をボールに入れてザッと混ぜたら、冷えたバターを加え、指でバターをつぶしながら手早くすり混ぜます。写真のようにサラサラになればOK。

この段階でバターが溶けてしまうと、ボソボソした口当たりになります。できるだけ手早く混ぜること。あらかじめバターを小さい角切りにしておくと混ぜやすいです。

STEP2:残りの材料を合わせる

卵と生クリームを混ぜてから1のボールに投入。レモンの皮も入れて、ザッと合わせ、粉っぽさが消えたら生地の完成。

練らないこと。練ってしまうと膨らみが悪く、どっしり重い仕上がりになります。

STEP3:成形

打ち粉(分量外)をした台に生地を乗せ、2cmくらいの厚みに丸くまとめ、スケッパーか包丁で6等分します。表面にツヤ出しの牛乳(分量外)を塗ります。

STEP4:焼いて完成

200度に予熱しておいたオーブンで約15分焼きます。

粉砂糖(大さじ4)とレモン果汁(小さじ1)で作ったアイシングで仕上げました。

表面サクッと中身はしっとり&ふんわり。食べたい!と思い立ってから、焼き上がるまでは30分もかかりません。手軽に作れるおやつなので是非お試しください。

腹割れさせるコツ

写真のように、アメリカンスコーンは腹割れを気にせずザクッと仕上げるものなのですが、もしもブリティッシュスコーンのような腹割れをさせたい場合、コツは3点あります。

  • オーブンに入れる前に生地内のバターを溶かさない
  • 切り口がつぶれないように切り、断面を触らない
  • ベーキングパウダーが古くないか確かめる

折りパイのように重ねてから型抜きすれば腹割れするというレシピが多数ありますが、イギリス人の義母いわく、イギリスにはスコーンを折りパイのように作るレシピはなく、腹割れに固執する傾向もないそうです。

日本では、KFCなどにある「ビスケット」がスコーンと混同されがちのようです。ビスケットは筆者が住んでいたアメリカ南部の郷土料理で、朝食としてベーコンやソーセージと一緒に食べたり、肉料理に合わせるもの。ラードかショートニングを使い、折りパイのように重ねてから型抜きするので層になります。スコーンとは別物です。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。