\ フォローしてね /

赤・緑・黄色の3色が大切!ステーキをきれいに盛り付ける3つのコツ

料理は、見た目も味のうちです。同じ味なら、見た目がきれいなほうが食欲もわくというものです。

ここでは、男子として長年厨房に立ってきた筆者が、ステーキのきれいな盛り付けを教えます。

用意するもの

  • 洋食用丸皿またはステーキ皿(鉄板)
  • つけ合わせ

盛り付け3つのコツ

きれいに盛り付ける基本は3つあります。

1:手前半分はステーキ、奥半分はつけ合わせ

丸皿でもステーキ皿でも、この原則はおなじです。

それらを盛り付けたとき、丸皿なら料理が器の5分の4ぐらいになり、ふちの部分はきれいに空いているのが理想です。

ステーキが、ふちの内側にある線内にぴったり入ればベストです。

ステーキ皿なら、ふちを1センチぐらい残して中心に寄せると、バランスよくきれいに見えます。

2:つけ合わせは「赤・緑・黄色」

栄養の面で、ステーキと一緒に食べてバランスがいいのはもちろんですが、ここでは彩りが大切です。

基本的に、赤、緑、黄色の3色があるときれいに見えます。

つまり赤はニンジン、緑はホウレンソウなどの葉もの、黄色はポテトフライかコーンが、最もよく目にする組み合わせです。

3:ステーキの向きに注意

人間は右利きが多いせいなのか、完全な左右対称でないほうが調和や安定を感じることがあります。

テレビで、女性アナウンサーが画面の右にいるか左にいるかで、印象が違います。

ステーキの代表であるサーロインでは、脂身を奥側にします。また幅の広いほうを左にします。

試しに、幅の広いほうを右にしてみて下さい。何となく変な感じがするはずです。

おわりに

あとは、レモンスライスやクレソンをステーキの上に乗せる場合もあります。

また料理の基本として、器は温めて供しましょう。料理する人の心づかいも、大切な味なのです。

(Photo by http://www.ashinari.com/2008/07/23-005586.php

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。