\ フォローしてね /

正しいアピールをしよう!他者と差のつく志望動機の書き方

就職活動で、企業に応募する第一歩は、履歴書を作成して提出することです。

しかし、実際目にする履歴書は、ありきたりな志望動機がほとんどです。

ここでは、20年以上企業の人事担当として、数多くの履歴書を見てきた筆者が、面接担当者に「ちょっと違う就活生」と思わせる志望動機の書き方を教えます。

駄目な志望動機のパターン

何が良くないのか、始めはわからないと思います。まずは、企業側の立場になって考えてみましょう。

どういう人が求められ、採用されるのか。

それは、「能力」があり「会社に合う」人材です。これを踏まえた上で、駄目なパターンを見ていきましょう。

「自己の性格が御社の業務に最適」

買ってきた履歴書の記入例によく見かけます。

「良い性格」であることは、悪いことではありません。ですが、「能力」と「企業と合うか」は別問題です。

もし、性格をアピールしたい時は、特徴が業務にどう活かせるのかを考え、伝えましょう。

「御社の仕事内容に興味がある」

この言葉も、履歴書サンプルで見かけます。

どんなに興味があると言われても、=「能力」「企業と合ってる」には、なりません。

「御社の将来性、安定性」

この言葉からは、他力本願しか感じられません。会社は、人頼りでなく、自ら業績を上げる人材を求めているのです。

「通勤に便利、残業がない」など

これらは動機ではなく、自分の都合です。同じ条件で他の企業をあたってください、と思われてしまいます。

よい志望動機パターン

自分は何ができるか、何をしてきたかを書く

学生なら、研究科目が、このように御社の業務内容に役立てることができる。社会人が転職する場合なら、自分は今までこれをしてきた、だからこういう仕事ができる。と表現するのです。

今まで体験してきたことの実績を述べ、「能力」と「企業に入っても活躍できる」ことをアピールするのです。

具体的数値も書くとなおよい

研究においてこのような成果を上げた、具体的な営業数字はこうだった、と書くと説得力が増します。

やってきたことが、馴染みのないことでも「数字」はあるだけでイメージしやすくなります。

自らの強い意志を表す

こうすることで御社の業績向上に貢献したい、こうすることで社会をよくしたい、多くの人のために役立ちたい、と結びます。

仕事とは、自らの能力を社会に還元し、社会をよくすることです。その結果が給料であり評価です。

大局的見地に立って、その企業がどのように人々や社会と関わっているか、そこまで考えて書けたら完璧です。

おわりに

経済が低成長の現代、多くの企業は少数精鋭の時代を迎えています。そこで、他者から一歩秀でるために、就活における最初のチャンスが履歴書の書き方なのです。

これらの点に注意して書けば、あなたの履歴書は必ずや、人事担当者の目にとまるに違いありません。

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/11/27-030785.php?category=29

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。