1. コミュニケーション
    2. 【派遣社員用】 職務経歴書の書き方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    【派遣社員用】 職務経歴書の書き方

    このライフレシピのもくじたたむ

    はじめに

    派遣社員をしていると、短期長期に関わらず様々な会社に行く事になります。職務経歴書に書けることも増えるでしょうが、ただ単に沢山書けばいいというものではありません。

    派遣社員の数が増え、一度募集を出すとその派遣先の担当者は沢山の経歴書を見ることとなります。相手だって人間なんですから、そんな中で進んで纏まりのない長文の経歴書を読みたいと思う人はいないのです。

    著者は派遣の営業をしていました。派遣社員に向けた職務経歴書の書き方の指導もしていましたので、簡単にですがその指導内容を紹介していきたいと思います。

    書く時に注意すること

    正社員の場合との書き方の違い

    職務経歴書は、今まで自分がどのような仕事をし、どのような成果・実績を上げてきたのか、何が出来るのかをアピールする書類です。

    そういった意味では正社員の場合の書き方と同じように考えてもいいのですが、派遣としてこれまで働いてきた結果、様々な職務経歴を積んだという方も多いと思います。

    その経歴を上手に纏めるためのポイントを次項で説明します。

    経験した会社が多い場合の書き方

    職務経歴書に書けるネタは多いから楽勝…と思っていませんか?前述しましたが、あまりに長い職務経歴書は採用側としても敬遠されがちです。

    派遣会社はそれぞれ独自のフォーマットを使っていますが、職務経歴書は、多くても2枚までに纏めるくらいでいいと思います。

    ではどうやって内容を縮めるかというと、希望職種とあまり関係のない経歴から削っていきます。

    希望職種にあまり関連のない部分については会社名や期間・職務内容等を簡単に記載し、関連のある職歴に関しての職務内容をクローズアップして、細かく記載するようにして2枚以内に収めてみましょう。

    スキルの棚卸しをしておく

    派遣法上、派遣先と派遣候補者の事前面接は禁止されていますが、職場見学や打ち合わせという名目で派遣先の担当者と顔を合わせての自己紹介・質疑応答を行なっている会社がほとんどです。

    職務経歴書を書きながら自分がどういうスキルを持ち、どのような仕事ができるかということを自分の中で明確にしておくと先方からの質問にも容易に答えることができます。

    スキルの棚卸しの方法についてはこちらも参考になります。キャリアの棚卸し

    使用可能なツールの記載

    これは特に技術職の場合に多いですが、募集職種によっては特定のツール・ソフトが使えるか使えないかで採用の判断がなされることもあります。

    職務経歴書には会社ごとに期間や職務内容を箇条書きで書いていると思いますが、そこに使用したツール・ソフトも付け加えておくことをお勧めします。

    事務職の場合でも、Officeソフトや会計ソフトの経験を書いておくことで自分のスキルを分かりやすく相手に伝えることができます。

    おわりに

    派遣社員は年々増えてきており、現在は派遣として就業するのにもライバルとの競争が激しい時代です。その中で、職務経歴書の書き方一つで自分が損をしてしまっては勿体ないと思いませんか?

    自分が「何をしてきて」「何が出来るのか」ができるだけ明確に伝わる経歴書が、よい職務経歴書だと著者は考えます。

    (Photo by http://www.ashinari.com/2012/05/17-362075.php?category=6

    このライフレシピを書いた人