1. 料理
    2. 安いマグロも絶品に!秘密の特製ダレを使った漬け丼の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    安いマグロも絶品に!秘密の特製ダレを使った漬け丼の作り方

    nanapi
    ここがおすすめ
    かかる手間
    Image cooktime02
    食べられるまで
    40
    (漬ける時間30分を含む)

    編集部からのポイント

    • 秘密の特製ダレ

      しょうゆ、みりん、卵黄だけで絶品コクうまダレが完成!

    • 3ステップで完成

      切って、混ぜて、漬けるだけ

    • アレンジいろいろ

      アボカドと合わせたり、わさびを足すと格別なおいしさ!

    • 材料(1サク分)

      • ビンチョウマグロ(またはマグロの赤身)...1サク(約200g)
      • (A)しょうゆ...大さじ3
      • (A)みりん...大さじ1 
      • (A)卵黄...1個分
      サクってなに?
      魚を短冊状に切り分けたものでお刺身になる一歩手前の状態。スーパーではこの状態で売られていることも多いです。
      お刺身でもOK
      切ってあるお刺身200gでも大丈夫です。
      お好みでトッピング
      アボカドとわさびもあると、さらにおいしく召し上がれます!アボカドは薄切りにしてご飯に乗せ、わさびはマグロの漬けに添えてお召し上がりください!

      作り方

      1マグロを切る

      ビンチョウマグロのサクを、食べやすい大きさにそぎ切りにする。

      2漬けダレを作る

      (A)の調味料を混ぜ合わせ、漬けダレを作ります。

      大きめの容器で作る
      このまま切ったマグロを漬け込むので、ある程度大きさのある容器に作ります。

      3漬け込む

      切ったマグロを漬けダレに漬け込み、冷蔵庫で30分~1晩寝かせる。

      漬ける時間で何が違うの?
      30分程度の漬け込みでも美味しく食べられますが、時間を置くことによって水分が抜け、より味がしみ込みます。お好みで調整してみてください。
      早めに食べる
      お刺身も卵黄も消費期限は短いです。一晩以上は漬けないようにしましょう。
      必ず冷蔵庫で保存
      常温で放置すると短時間でも食中毒の危険があるので、漬け込むときは必ず冷蔵庫(3度以下)に入れてください。

      4完成!

      お刺身によく味がしみたら完成。

      今回はごはんの上に、アボカドと漬けマグロを交互にのせて漬け丼にしてみました。お好みの薬味を添えてどうぞ。

      丼以外でもおいしい
      丼にしないでそのまま食べてもお酒の肴にもぴったりです。

      レシピ製作者:yurie

      "どうしたら美味しい料理を自宅で手軽に作れるか"を考え、実践していくことがライフワーク。
      食に関する資格:食生活指導士(女子栄養大学)、料理検定1級(大阪あべの辻調理師専門学校料理検定委員会)、菓子検定2級(大阪あべの辻調理師専門学校料理検定委員会)、ベジタブル&フルーツマイスターセミナー受講(日本野菜ソムリエ協会)など。

      このライフレシピを書いた人

      Twitterで紹介!

      nanapiモーメントで紹介しているツイートです。