\ フォローしてね /

キャベツたっぷりそのまま味噌汁の作り方

このレシピの生い立ち・おすすめ理由

味噌汁の具材として人気のあるキャベツ。甘みがあってとても美味しいですね。我が家でも定番の具材です。でも細切りや千切りでは頼りない!ということで我が家はざっくりそのまま切らずに入れます

キャベツに合わせて丼で豪快に食べる味噌汁はおかずとしてもボリュームがあっておススメです。細切りにするよりも手間もかからないし簡単です。

材料 (2人分)

  • キャベツ 1/6玉
  • えのき 30g
  • 油揚げ 中1/2枚
  • 合わせ味噌 40g
  • 出汁 500ml...鰹、昆布、出汁の素など何でもOK

「キャベツたっぷりそのまま味噌汁」の作り方

STEP1: 下ごしらえ キャベツを洗う

芯を落とさずに縦半分にしたキャベツは、葉を手で少し広げるようにほぐして、しばらく水につけ汚れを落とします。

STEP2: 下ごしらえ 芯を切り落とす

水気を切り芯の固い部分を三角に落とします。

STEP3: 油揚げ、えのきを切る

油揚げは細切り、えのきは洗って根元を落とし3等分くらいに切っておきます。

STEP4: 出汁にキャベツと油揚げを入れる

鍋に出汁を作り沸騰したらキャベツと油揚げを入れ、蓋をして5分くらい煮ます。

途中キャベツの火の通りを均一にするために、くずれないように上下に返します。

キャベツのかさに対して出汁の量が少ないが、構わず中火で少し煮込みましょう。

STEP5: 味噌を溶く

別の器に味噌と鍋の出汁を適量入れてだまにならないように溶いておきます。

溶けやすい味噌の場合や鍋で味噌を溶く余裕があれば直接鍋に溶かし入れても良いでしょう。

STEP6: 味噌を混ぜえのきを入れる

味噌を溶かしこみ、えのきは盛り付け用に先の部分を少しだけ残して後は鍋に加え、1,2分煮込んで火を止めます。

沸騰しないように火加減に注意!

完成!

器に盛り付け最後に生のえのきをトッピングすれば出来上がりです。キャベツをはがしながら、あるいはガブリとかぶりついて召し上がれ!

尚、この器は小ぶりの丼茶碗を使用しています。普通の汁椀に合わせる時はキャベツをもう少し小さくカットして、出汁や味噌の分量も加減して下さい。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。