1. 暮らし
    2. コーヒーの出がらしを使った「消臭アイテム」の作り方

    コーヒーの出がらしを使った「消臭アイテム」の作り方

    nanapi

    家庭の中で湿気やいやなニオイというのはあちこちで発生し、悩みのタネとなっていることが多いと思います。

    そこで、今回はコーヒーの出がらしを使った消臭アイテムの作り方を紹介したいと思います。いろいろな場所で使うことができるのでおすすめです。

    手作り消臭グッズの材料

    今回作るのはコーヒーの消臭剤です。

    • お茶出しパック
    • コーヒーの出がらし
    • 10円玉(なくても可)

    消臭グッズを作ろう

    STEP1:出がらしを乾かす

    コーヒーを飲んだあとの出がらしを、新聞紙やチラシなどを箱型に作り、そこに入れて天日で干します。カラカラになるまで干していきましょう。

    注意したいのはこの箱型の入れ物です。コーヒーの出がらしは湿っているため、チラシや新聞紙を使う際には紙を何枚か重ねて作るようにしましょう。

    筆者は箱をチラシ1枚で作ってしまったため、乾かす最中に少し動かしたら箱が裂けてコーヒーがこぼれてしまいました。こうならないように注意してくださいね。

    STEP2:お茶出しパックにコーヒーを入れよう

    コーヒーの出がらしが完全に乾いたら、お茶出しパックに入れていきます。

    あまり欲張ってパンパンに詰めるとこぼれてしまいますから量としては半分程度にしておきましょう。

    STEP3:気になる場所に入れよう

    お茶出しパックをしっかりとしめたら、そのままニオイの気になる場所へ入れておきましょう。今回は冷蔵庫押入れに入れました。

    このように小さいうつわに入れておけば、コーヒー粉がこぼれる心配ももありません。

    10円玉を使ってもOK

    コーヒーの出がらしだけでも効果があるのですが、もっとニオイを取りたいというなら10円玉がおすすめです。銅は臭い取りになってくれるので、気になる空間に数枚置いておくといいですよ。

    ニオイが発生しない環境を作るのが大事

    ニオイがつく原因として、蒸れや湿気、汚れによって雑菌がわくために発生するためと言われています。日頃から、通気性のよい場所に置き、定期的に風通しの良い日陰に干すなどして、消臭を心がけましょう。

    また、コーヒーの出がらしは万能で、植木の肥料や灰皿に入れて消臭、ゴミダクトに入れて虫除けなどにも活用できます。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ