\ フォローしてね /

ボツボツ部分をきれいにとるパイナップルの切り方

nanapi
  • 効率的な切り方

    茶色のボツボツ部分はナナメに切るときれいにとれる

  • 難しくない

    難しそうに見えてコツをつかめば誰にでもできる

  • 本場の切り方

    東南アジアで教えてもらった現地の一般的な切り方

つい最近まで、筆者はパイナップルを切るのが苦手でした。皮を薄く削ぐと茶色のボツボツした部分が残り、えぐらなくていけないので面倒。しかし皮に近い部分の実は甘くて美味しいので、厚く削ぐのはもったいない。その2点のジレンマに悩むのが億劫だったのです。

その悩みを解決したのが、今回ご紹介する切り方です。マレーシアに旅行した際、現地の友人のお母さんに教えてもらいました。

これはタイなどでも見かける切り方で、単なる飾り切りだと筆者は思っていたのですが、友人母いわく、見た目ではなく茶色のボツボツ部分をムダなく取り除くための効率的な切り方なのだそうです。

その証拠と言わんばかりに、目の前で友人母の手により美しくカットされたパイナップルは、その直後、惜しげなくザクザクみじん切りにされ、煮え立つカレー鍋の中へ消えました。

さっそく、切り方をご紹介します。

用意するもの

  • パイナップル
  • よく切れる包丁
  • まな板

切り方

1頭とお尻をカット

頭とお尻を切り落とします。

2胴部分の皮をカット

実を立てて、胴部分の皮を削ぎ落とします。

3ボツボツに沿って包丁を垂直に入れる

実を横にします。茶色のボツボツ部分が螺旋状になっていることがわかると思います。

適当に狙いをつけて、包丁をボツボツラインに沿わせ、浅く垂直に包丁を入れます。

包丁は深く入れすぎない
最初は中央部分から始めるとやりやすいです。一度に狙うボツボツ部分は2~3点。あまり深く包丁を入れないように注意してください。

4斜めに包丁を入れる

垂直に入った切り口に向かって、斜めに包丁を入れます。

切り口はV字ですが、左側が垂直、右側のカットが斜めになっています。

5全体的に繰り返す

同様にして、左右のラインを作っていきます。

一列切り終わると、写真のように切り口が揃います。

6ラインをつなげるようにカット

実を手前に転がし、先に作ったラインをつなげるように、同様の方法で茶色のボツボツ部分をカットしていきます。

一列終わったらまた少し手前に転がし、同じ手順を繰り返して一周したのがこちらの写真です。

7切り分けたら完成!

実を立てて4分割し、芯を切り落とします。

食べやすい大きさに切ったら完成です。

見た目以上に簡単!まずはトライ

初めて友人母の鮮やかな手さばきを見たときは、「職人技!」と拍手しましたが、その後、2~3個切ってみると案外すんなりと慣れ、簡単にカットできることがわかりました。今では5分かからず螺旋切りができます。

見た目が美しく、かつ無駄も出ない、効率の良いパイナップルの切り方。ファーストトライは微妙な結果に終わる可能性がありますが、自分を信じて、2~3個目を切るときには満足のいく結果が出せることでしょう。

美しく切れると、なんとなく気分も良くなります。ぜひお試しください。

みんなの感想

Twitter「モーメント」機能で、このレシピをやってみた人たちの感想や参考になる情報をまとめました。

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

Twitterで紹介!

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。