1. コミュニケーション
    2. 採用されるかどうかを分ける面接での3つのポイント

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    採用されるかどうかを分ける面接での3つのポイント

    面接を終えた後に「何か伝え切れなかった!」とか、「勉強不足だった…」とか、後悔が募ることってありますね。そういう時はたいてい不採用だったりで。

    なぜ?と、問いかけるよりも、卑屈にならずに「どうしたら採用されるのか?」を、達成目標として考えたときに突破口が開けます。

    ポイントその1:情報収集とカスタマイズ

    入社面接を受ける会社の情報収集!

    とはいっても、いまいち情報収集が効力を感じられないこともしばしば。

    それは、ただ「収集」しているからです。収集した情報は、必ず自分の志望動機に結びつけることが必勝の秘訣です。志望動機の例文をいくつも作ってみましょう。常に志望動機にリンクするようにすれば、ホームページで得られる情報だけで十分戦えます。

    ポイントその2:ノートにブレインストーミングを殴り書きする。

    まとめる項目

    • 1.過去:学生時代あるいは現職・前職での活躍エピソード&その時の評価
    • 2.現在:その企業に魅かれた理由・自分の長短所
    • 3.未来:その会社でどのように活躍したいのか5W1Hで描く
    重要!常に、企業理念や求める人材像に絡めて考える

    ノートにはとにかく戦略、反省、なんでも書きつくすこと。書くことによって頭が整理され、また何度も繰り返し見ることで記憶に残り、面接で流暢に話せるようになります。

    ポイントその3:1返事1ストーリー

    面接官への問いかけに対する回答の際は必ず具体例としてエピソードを添える。

    何かを採用するとき人は、必ず成功イメージを思い描いています。より具体的に成功イメージをあなたに対して面接官が思い浮べられるためにストーリーが必要です。(長すぎないよう注意)

    おわりに

    面接はなぜ行われるのか。

    会社とあなたがマッチしているか確認するためです。物事はたくさんの考え方、捉え方ができるので、1つの事柄を何種類もの意味づけを行うことで、どの角度から聞かれても、必勝パターンで答えられるようになります。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人