1. 趣味
    2. 沖縄県・石垣島を一人旅でも満喫するポイント

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    沖縄県・石垣島を一人旅でも満喫するポイント

    たとえば海外を一人旅しようとした時に心配になる要因として、治安・言葉の壁・土地勘がないなど不安要素も多いと思います。

    そこで、今回は初めて一人旅する方でも、思いっきり楽しめる石垣島の魅力をご紹介します。

    旅行計画

    おすすめのシーズンと旅行先

    一人旅を計画している方は航空券やツアー料金が安く、宿泊施設にも空きが多い4月中旬〜7月上旬(ゴールデンウィークを除く)の石垣島をおすすめします。

    またこの時期は一人旅をしている人が非常に多いので、孤立感を感じる事が少なく、一人旅だからこそ出会えるサプライズも多くあります。

    おすすめの宿泊施設

    一人で申し込めるツアーもありますが、せっかく一人旅をするのですから航空券のみ購入して宿泊は自分で手配する方が冒険心も刺激されるはずです。

    石垣島には数多くのドミトリーが健在しています。これも、一人旅や長期滞在者が多い土地ならではの光景ではないかと思います。

    ドミトリーは、相部屋なら1泊1000円という所もあります。

    ただ女性一人旅で相部屋が不安という方は、少し高くなりますが(1泊2000円〜3000円)鍵付き個室のドミトリーもあります。シャワー・トイレ・冷蔵庫・洗濯機・キッチンなどは共同になりますが安さ最優先ならドミトリーはお勧めです。

    筆者が利用したドミトリーは、鍵付き個室で1泊1800円で、長期割引も行ってました。

    石垣島の中心街にも沢山のドミトリーが健在しています。オフシーズンのこの時期なら比較的予約も取りやすいので、滞在中色々なドミトリーに宿泊して、自分のお気に入りの宿を見つけるのも、この時期ならではの旅の楽しみ方かもしれません。

    中には長期滞在している人もいたりするので、現地の情報を教えてもらったり、夜は宿泊している人達と、楽しく食事をしたりするのも旅の思い出になるはずです。

    石垣島ドミトリーの情報はこちらです。

    観光情報

    ガイドマップ

    旅行に行く前に、ほとんどの方がインターネットや書店で販売している雑誌で、旅行計画されると思います。ただ、書店でも石垣島に関する情報誌は少ないのが現状です。

    そこで、おすすめしたいのが、地元出版社や市等が発行しているガイドマップです。フリーペパーとは思えないほど、情報量も多く各紙とても見やすいので、旅行の最中手放せない心強いアイテムです。

    石垣空港内やホテル・飲食店などで気軽に手に入れる事ができますが、まずは、石垣空港に到着したら、この情報誌を確保して、旅を始めることをおすすめします。

    また、フリーペパーの1つ石垣島タウンガイドは、電子ブックでも見る事ができます。ガイドマップには、飲食店以外にも、一人から参加できるツアー情報も沢山掲載されています。

    石垣島タウンガイドはこちらです。

    おすすめの移動手段

    地元のバスを利用

    効率よく観光する事を考えると、もちろんレンタカーを借りる方が時間も有効に使えます。

    ただし、レンタカーを借りる場合、軽自動車でも1日4000円位料金がかかってしまいます。数名でレンタカーを借りれば、みんなで料金を負担できますが、一人で借りるとやはり費用が高くなってしまいます。

    そこで、おすすめしたいのが、石垣島の路線バスです。

    石垣島には路線バスや観光バスを運営している東運輸というバス会社があります。空港〜市街地までを結ぶ空港線をはじめ、島内をほぼ網羅する事ができる運行路線が複数くまれて、石垣島の主要な観光スポットは、ほぼバスを利用して観光する事ができます。

    また、1000円・2000円2種類の5日間フリーチケットが販売されていて、大変お得です。

    滞在中の移動手段をバスにする方は、石垣空港から空港線に乗車した際、バスの中でフリーチケットを購入する事をおすすめします。

    地元のバスを利用する事で、まるでそこに住んでいるかのような感覚や、ゆっくりと流れる時間や光景を実感する事が出来ます。

    一人旅だからこそ、時間を気にせずに、地元の路線バスを楽しむ事が出来るのではないでしょうか。

    路線によっては、便数が少ないところもあるので、時刻表をしっかり確認しましょう。
    東運輸の情報はこちらです。

    観光スポット

    珊瑚礁の海

    世界1とも評される石垣島の珊瑚礁の海は、ただただその美しさに圧倒されます。

    4月の中旬には海開きしているため、泳ぐ事もできますが、泳げない方でも、浜辺から数歩入ったところで魚を見る事ができるビーチもあります。

    海で一人で泳ぐ事は、危険も伴うので、なるべく監視員さんが常駐されているビーチで泳ぐ事をおすすめします。

    もちろん、この海の青さを眺めているだけでも充分感動できるはずです。

    海に入る際、沖に流れる潮流(リーフカレント)には、くれぐれも注意しましょう。

    ナイトツアー

    石垣島の魅力は、何と言っても雄大な自然です。そこで、おすすめしたいのが、ナイトツアーです。

    ツアー代金は3000円位で、ガイドさんが丁寧に案内してくれるので、安心して参加する事ができます。

    昼間では見る事のできない、素晴らしい夜の自然界は、目に焼き付きます。時には、コウモリやフクロウと出会えるチャンスもあり、カメラで撮影する事も忘れる程です。特に夜の時間は、一人では出かける事に抵抗があると思いますので、ナイトツアーに参加して、夜の石垣島の自然を楽しむ事をおすすめします。

    おすすめの食べ物

    さしみ屋(鮮魚店)

    街を歩いていると、至る所でさしみ屋の看板を目にします。石垣島では、鮮魚店の事をさしみ屋というそうです。

    さしみ屋さんで購入して欲しいのが、天ぷらです。天ぷらといっても、衣が厚くふわふわで、味もしっかりついているため、そのまま食べられます。

    魚の天ぷらをつまみにオリオンビールを飲む!たまらなく、石垣島にひたれます。筆者が購入したお店は、1パック300円で、一人では食べきれないほどの量でした。

    島おやつ1

    じゅーしーかまぼこ(炊き込みご飯をカマボコで包み揚げたもの)は石垣島へ行ったら是非食べてみて欲しい1品です。

    色々な種類があり、中には真っ黒なかまぼこの中が、黄色のご飯と何とも斬新な色合いの物もあります。おみやげ話のネタにはかかせない1品です。

    島おやつ2

    ぜんざいといえば温かいものを想像すると思いますが、沖縄で言うぜんざいは、あずき入りのかき氷です。
    大体のレストランやパーラーなどにあります。

    ゆんたくを楽しむ

    沖縄県では、おしゃべりをする事をゆんたくと言います。

    一人旅をしていると、地元のおじぃやおばぁに話しかけられる事もあります。話は長引く事もありますが、ここは急がずゆっくりとゆんたくを楽しむと益々石垣島の魅力に引かれて行くのではないでしょうか。

    時間を気にせずに気ままに行動する事ができるのも、一人旅の魅力です。

    おわりに

    これまで石垣島のおすすめポイントをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

    まだまだ伝えたい事がたくさんありますが、やっぱり実際石垣島に行って、その素晴らしさを実感してください。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人