\ フォローしてね /

カンタン便利!しょうがの冷凍保存方法

このライフレシピのもくじたたむ

しょうがは四季を問わず、体を温める食材として積極的に摂りたいもの。

ですが、新鮮なうちに使い切るのは少人数のご家庭では難しいですね。冷蔵庫に置いておくうちに、しなびてしまったり、傷んでしまったりした経験がある方も、いらっしゃるかもしれません。

そんなしょうがをお手軽に、いつでも使える保存方法をご紹介します。

用意するもの

  • しょうが
  • フリージング用パック
  • まな板、包丁、おろし金など

冷凍方法

STEP1:皮を剥く

しょうがの皮を剥きます。皮が気にならない方は綺麗に洗ってそのままでも構いませんし、たわしなどでこすって皮を削るなどでもよいでしょう。

STEP2:好みの大きさに切る

普段、しょうがをどのように使うかによって切り方が変わります。

筆者宅では中華料理や炒めものなどに、みじん切りで使うことが多いので、今回は荒みじんにしました。用途に合わせ、千切りや、おろし金などでおろしていただくのもいいと思います。

STEP3:凍らせる

フリージングパックに、できるだけ薄く、隙間がないように入れます。

冷凍庫の平らな部分で凍らせ、しばらくして半分ほど凍ったら、手でほぐして出来上がりです。

おわりに

冷凍保存したしょうがを調理に使用するときは、解凍せず、凍ったまま調理してください。

通常、しょうがは常温で1週間、冷蔵庫では2週間もちますが、この保存方法なら約2ヵ月間保存できます。

買ってきたしょうがをまとめて冷凍保存しておけば、ちょっとした薬味などが必要な時でも、包丁を使うことなく手軽に料理を楽しめますよ!

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。