1. 暮らし
    2. 日本人同士が海外で婚姻するときに必要な手続きのポイント

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本人同士が海外で婚姻するときに必要な手続きのポイント

    筆者は海外で理想の日本人男性に出会い、結婚することになりました。ところが、海外での結婚手続きについて調べたところ、具体的な情報が少なく、困った経験があります。

    そのような経緯から、日本人同士が国外で結婚する方法についてご紹介いたします。

    1:居住国の領事館に届出をする

    領事館で婚姻届を提出することができます。ここで受け付けられた届出は、本籍地の市町村に送られ、正式に受理されます。

    必要なもの

    • 日本から取り寄せた戸籍謄本(抄本)
    • 領事館などから取り寄せた婚姻届け

    手順

    必要数の戸籍謄本(抄本)と記入済みの婚姻届を領事館に提出します。婚姻届に不備があった場合、その場で訂正可能です。

    入籍日は本籍地で正式に受理された日となります。残念ながら、指定はできません。

    2:代理人により日本で届出をする

    ご家族等に協力してもらい、日本で婚姻届を提出してもらう方法です。

    必要なもの

    • 戸籍謄本(抄本)
    • 領事館などから取り寄せた婚姻届け

    手順

    日本での代理人を決めて領事館などから取り寄せた婚姻届を記入し、日本へ送付します。入籍希望日に代理人に最寄の役所へ提出してもらいましょう。

    入籍日は自由に設定できます。
    婚姻届に不備があった場合、代理人は訂正できません。その場合、もう一度本人たちが訂正した婚姻届を代理人の元に送付することになります。事前のチェックをしっかりしておきましょう。

    おわりに

    今回は2つの方法をご紹介しましたが、入籍日を重要視するかが鍵になってきます。

    記念日にもなる日ですので、よく考えて決定してくださいね。

    詳細についてはこちらに問い合わせてみてください:法務省オフィシャルページ

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人