\ フォローしてね /

ごま油の香りが食欲をそそる!中華風たまご粥の作り方

編集部からのポイント

  • 体にやさしい

    寒い日もカゼのときも疲れた胃腸をじんわり温めてくれる

  • さらっと食べやすい

    中華風味で食欲そそる!でも重くない!

  • ごはんは少なめに

    ごはんが膨らむので「これじゃ少ないかも...」という量で作るとちょうどいい! 

  • 材料

    • ごはん…200g
    • 卵…1個
    • 水…200ml
    • 鶏がらスープの素…大さじ1
    • ごま油…小さじ1
    • 黒コショウ…少々
    • 塩…少々
    • 白ゴマ…お好み

    作り方

    1ごはんと水を入れた鍋を火にかける

    今回は大人の茶碗1杯分、約200gのごはんを使っています。膨らんで増えるので、1杯分だけ作りたいときは量を減らしましょう。

    お好みでごはんを増やす場合にはお水も増やすようにしてください。鍋は小さめのものを使いましょう。

    水の量に注意
    あまり水が少ないとごはんが柔らかくなる前にこげてしまうので注意。

    2鶏がらスープの素を入れる

    味の決め手となるのがこの鶏がらスープの素です。これが入るだけで、ぐっと雑炊がおいしくなりますよ。

    3ごはんが柔らかくなるまで煮る

    雑炊といったらとろりとした食感が美味しいですよね。弱火から中火でごはんが水分を含んでふくらむまで煮ていきます。

    4黒コショウを入れる

    ピリリとしたこの黒コショウが入ると味がしまります。もし白コショウしかない場合にはそちらを使ってください。

    スパイシーなのがお好きな方はたくさん入れても美味しいです。

    5塩を入れて味を見る

    鶏がらスープの素が入っているので、塩は控えめに。木べらでよくまぜながら味見をして、お好みで塩を足してください。

    水が足りているか確認
    焦げ付かないよう、水の量にも注意してください。水が足りないときは少量水を足しましょう。

    6卵を割りほぐし鍋に入れる

    雑炊に卵は欠かせません。具材がなくても卵があるだけでとても美味しい雑炊に仕上げることができますよ。

    混ぜすぎない
    卵が細かくなりすぎてしまうので、鍋に入れたあとはサッと混ぜる程度でOKです。

    7卵とごはんを混ぜ火を通す

    卵の半熟具合はお好みでOKです。

    卵が入ったあとで再度味を調える
    卵が入った分、味は少し薄まります。お好みで塩やコショウを足してください。

    8白ゴマを入れる

    入れるだけで雑炊の風味がとてもよくなります。白ゴマは万能です。

    9最後にごま油を入れる

    火を強めにし、ごま油を入れます。これで一気に中華風味になります。

    ごま油は鍋肌にもたらす
    少し鍋肌にたらすとごま油に火が通り、香りがより良くなります。

    10器に盛って完成!

    今回は最初にごはんを入れていたお茶碗にそのまま盛り付けました。

    ご覧の通り、雑炊にするとボリュームアップしてなんだかお得な気分ですね。

    みんなの感想

    Twitter「モーメント」機能で、このレシピをつくってみた人たちの感想や参考になる情報をまとめました。

    レシピ製作者:yurie

    "どうしたら美味しい料理を自宅で手軽に作れるか"を考え、実践していくことがライフワーク。
    食に関する資格:食生活指導士(女子栄養大学)、料理検定1級(大阪あべの辻調理師専門学校料理検定委員会)、菓子検定2級(大阪あべの辻調理師専門学校料理検定委員会)、ベジタブル&フルーツマイスターセミナー受講(日本野菜ソムリエ協会)など。

    このライフレシピを書いた人

    Twitterで紹介!

    Banner line

    編集部にリクエスト!

    「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。