\ フォローしてね /

一人暮らしに重宝する!缶詰を使ったちらし寿司の作り方

このレシピの生い立ち・おすすめ理由

一人暮らしだと、たくさんの野菜をまとめて買ったり、生のお魚をさばいたり・・・というのは、ちょっとしにくいですよね。

そこで、いつもある材料で、しかも魚の缶詰を上手に使ったら、おいしいちらし寿司が簡単に作れます。

野菜と魚が一緒に食べられてヘルシーな「さんま缶のちらし寿司」の作り方を紹介します。

材料 (2人分)

  • さんまの蒲焼缶詰 1/4
  • きゅうり 1/2本
  • レタス 1枚
  • 卵 1個
  • 砂糖
  • 炒りごま 大さじ1

<酢めし>

  • ご飯 1合分
  • 酢 30cc
  • 砂糖 大さじ1・1/2
  • 塩 小さじ1/2

-

-

作り方

STEP1:きゅうりの下準備

きゅうりを薄切りにして、塩をまぶして10分以上置きます。しんなりしたら、水気を絞っておきます。

STEP2:炒り卵を作る

卵を割りほぐし、砂糖と塩を入れてよく混ぜ、フライパンで炒り卵を作ります。

菜ばし4本くらいでかき混ぜて作ると作りやすいです。

STEP3:さんま缶をほぐす

さんま缶を開け、身を軽くほぐしておきます。汁も一緒に使うのでとっておきます。

STEP4:酢めしを作る

酢めしの寿司酢の材料をよく合わせます。炊き立てのご飯に寿司酢を混ぜて、酢めしを作ります。

寿司酢を合わせる時は、ご飯を切るように混ぜましょう

STEP5:酢めしと具を混ぜます

寿司飯の中に、きゅうり、炒り卵、さんま缶(汁も一緒に)、炒りごまを入れ、混ぜ合わせます。

STEP6:完成!

器にレタスをひいてちらし寿司を盛り付けたら、出来上がりです。

お客様のおもてなしにもなる、ちょっと豪華な一品です。

寿司飯なので、多めに作っても作り置きできますよ。一度お試しください!

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。