\ フォローしてね /

夏にピッタリ!折り紙で「あさがお」を作る方法

朝顔の花が咲くと、夏の訪れを感じますね。部屋に飾ったり、新聞紙に挟んで押し花にしたり、綺麗な花はいつまでも飾っておきたいもの。しかし、どうしても花びらの色や形が脆くなってくるのは否めません。そういったときに、夏の思い出として、形だけでも折り紙で残しておくのはいかがでしょうか?今回は、折り紙で朝顔を作る方法をご紹介します。折り方についてよくある質問も補足事項として説明を添えているので、ひとつずつ折っていきましょう。
このライフレシピのもくじたたむ

夏を代表する花「あさがお」をオリガミで作ってみました。やさしい色でたくさん作ったら、とってもきれいです。

複雑なものが多い花の折り紙の中でも、このあさがおは簡単ですが、しっかりした立体的な花なので、部屋のインテリアにも使えそうです。この記事の折り方をぜひご参考下さい。

用意するもの

  • 花の部分の折り紙 1枚
  • 葉っぱの部分の折り紙 1枚 (花の折り紙より小さいほうが良い)

作り方

STEP1

花の部分を作ります。色のついてる表を中にして、三角を2回折ります。

STEP2

三角の部分の中を開いて、つぶして折ります。

STEP3

左側を中心線に合わせて折ります。

STEP4

折ったところを開いてつぶします。

裏側も同じように開きます。

STEP5

STEP4で開いた部分を中側になるように折り直します。

矢印の方向に三角を下に折ります。

STEP6

一度全部広げます。

STEP7

開いたのを外側に表(色がついている面)がくるように折り直します。

STEP8

写真のように折り紙が一枚の部分の角を三角に折ります。

STEP9

下のとがった部分を上に折り上げ、折り線をつけます。

STEP10

中を開いていき、花の形に整えます。花の出来上がりです。

STEP11

葉っぱを折ります。黄色の線から中心の赤い線に合わせて折ります。

STEP12

上の三角を斜めに折り下げ、また上の角のところを小さく折ります。

STEP13

裏返したら葉っぱの分が完成しました。

STEP14

花と葉っぱを組み合わせたら、あさがおが出来上がります。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。