\ フォローしてね /

これでもう迷わない!スペシャルティコーヒーショップでよく見るコーヒーのメニューまとめ

スターバックスやタリーズコーヒーなど、いわゆるスペシャルティコーヒーショップってメニューがたくさんあって何を頼んだら良いのか難しいですよね。 実際筆者の周りの人でも「どんなコーヒーかわからないから入れない」「入っても本日のコーヒーしか注文できない」という人をよく見かけます。 そこで今回は、スペシャルティコーヒーショップでよく見るコーヒーのメニューをまとめてみました。 ##エスプレッソ

深煎りのコーヒー豆を細かく挽いたものに高い圧力をかけて抽出した、いわばコーヒーの原液です。通常はデミタスカップと呼ばれる60~80cc程度しか入らないカップで提供されます。

コーヒーの苦味や風味がとても強いので、砂糖や甘いお菓子と一緒に飲むと良いでしょう。

ダブル(ドッピオ)、トリプル

エスプレッソをベースとしているコーヒーの場合、エスプレッソの量を2杯分、3杯分と増やすことができます。その場合、ダブル(お店によってはドッピオ)、トリプル…と呼ばれます。

エスプレッソ マキアート

エスプレッソの上にミルクの泡(フォームミルク)が乗っているコーヒーです。

エスプレッソ コン パナ

エスプレッソの上にホイップクリームが乗っているコーヒーです。

カフェラテ

エスプレッソをベースにたっぷりとミルクを混ぜたコーヒーです。ホットの場合、蒸気で温めたミルクの上にミルクの泡(フォームミルク)が乗っています。

甘さはないので、甘めが好きな人はガムシロップや砂糖などを追加して飲むとよいでしょう。

カフェモカ

エスプレッソをベースにミルクとチョコレートソースを混ぜ、上にホイップクリームが乗っているコーヒーです。

チョコレートソースがかかっているので、砂糖やガムシロップなどを使わなくても十分甘いでしょう。

カプチーノ

エスプレッソとミルク、ミルクの泡を同量ずつ混ぜたコーヒーです。

シナモンなどを振ってミルクの泡を楽しみながら飲めるメニューです。

アメリカーノ

エスプレッソをお湯で割ったコーヒーです。

アメリカンとは別物

アメリカーノはアメリカンコーヒーとは全くの別物です。

アメリカンコーヒーは浅煎りのコーヒー豆を粗挽きにしてドリップしたコーヒーをさします。

最後に

いかがでしたか。

これでもう「注文したけど思っていたのと違う!」という事が少なくなるかと思います。

これを機に、ぜひスペシャルティコーヒーショップに立ち寄ってみてください。

(Photo by 足成)
(Photo by 足成)
(Photo by 足成)
(Illust by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。