\ フォローしてね /

小さな旅にでよう!一人暮らしの人オススメの休日の過ごし方

一人暮らしは自由気ままでいいのだけれど…

休日ともなると寝て過ごしたり、ついだらけがち…
誰の目もないからこそ、気づいたらもう日曜日の夜!

なんてことありますよね。著者もかつてはそうでした…。

今回は一人暮らしの方にオススメの休日の過ごし方として、心もリフレッシュできる小さな旅をお届けします。

徒歩で旅にでる

見慣れた街並みですが、意外と平日は通勤・通学路以外には足を運ばないもの。それも朝と夜の姿しか知らなかったりします。地図を片手にふらっと徒歩の旅に出てみましょう。

昼間しか開いてないお店や知らない小道など、思いもよらない新しい発見があるかもしれません。最近は携帯のカメラ機能も充実しているので、写真を取りながら歩くとまた楽しいのでオススメです。

自由気ままな旅は一人だからこそできること。また、自分の住む街を好きになることで、休日に外に出る楽しみが増えます

著者も朝市をやっている場所を見つけたり、小さな商店や裏道を見つけたりと、普段は気づかない街の一面を見つけて住む街がもっと好きになりました。知っているつもりでも意外と知らないことは多いものです。

必ず持っていきたい物は以下の通り。

  • 飲み物(水筒など)
  • お財布
  • 携帯(充電を忘れずに!地図代わりにもなります)
  • 必要な場合は地図
見慣れた通勤・通学路でもお昼の風景は違って見えたりします

電車を使って旅にでる

旅といえば電車。電車に乗って気ままな旅に出るのもオススメです。

その時に買いたいのが、フリーきっぷや周遊きっぷといった乗り降り自由のきっぷ。車窓から素敵だなと思ったらふらっと降りてみる。乗り降り自由だからこその楽しみ方です。

なかでも有名なのは青春18きっぷ。夏、冬の長期休暇にあわせて、2,300円でJR全線の普通列車が1日乗り放題になるきっぷが発売されます。5回分セットになっているので、このきっぷで有効期間中の任意の5日間楽しむことができます。

青春18きっぷについては詳しくはこちら

その他にも各地域・路線で様々なフリーきっぷが発売されています。ただ電車に乗って景色を眺めるだけでも旅気分が味わえて楽しいです。

ただ、本数の少ない路線に乗る場合は、時刻表で次の電車の発車時間をチェックすることをお勧めします。著者も長距離移動や本数の少ない路線の場合は綿密に計画を立てていました。

必ず持って行きたいものはこちら。

  • フリーきっぷ
  • 飲み物
  • お財布
  • 携帯(路線検索にも使います)
  • あれば路線図
  • 本数の少ない路線なら時刻表
降りてみたい!と思ったところで降りられることが魅力です

おわりに

いかがでしたか。一人暮らしだからこそだらだらと引きこもってしまいがちですが、ちょっとした旅をしてみることで心もリフレッシュできます。あなたの休日が充実したものになることを祈っています。

(Photo by http://www.ashinari.com/2012/06/06-363065.php

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。