1. コミュニケーション
    2. 在職中の転職活動をスムーズに行う方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    在職中の転職活動をスムーズに行う方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    はじめに

    せっかく入社したけど、思っていた仕事内容と違ったり、嫌味な先輩がいたり、転職の理由は人それぞれです。

    我慢してその仕事をこなしていくのも、ひとつの道ですが、在職しながら、スムーズに転職活動をしていく方法があります。

    転職活動を進める

    転職と言っても、在職中の会社を「別の会社で採用されましたから、今日辞めます。」なんてできないのが社会人の現実です。今まで少しでもお世話になっていた会社ですから、なるべく迷惑をかけないように、立つ鳥後を濁さずは常識です。

    こっそりマニュアル作成

    何人かで同じ業務をしている場合や、すでに業務を引き継いでいる後輩がいる場合はこの作業を省けますが、自分が辞めてしまうと、仕事が成り立たない!という業務を抱えている方のマニュアル作成は必須です。

    自分の先輩も会社を辞めると決意して辞表を出してから何ヶ月もかかって自分に引継ぎしていたのを思い出しませんか?

    在職しながら転職する道を選ぶなら、仕事効率の見直しという堂々とした「理由」をつけて、空いてる時間等にこっそりマニュアル作成をすすめましょう。
    ALERT:ここで、この作業を面倒臭がって手抜きをしてしまうと、転職は成功しません。頑張って誰が見てもわかるように丁寧に作成しましょう。

    周りに悟られないように

    マニュアルを作成し始めている時点で、周りは怪しんできます。でも、ここで一言でも「辞めたい」という話をしてしまうと、あっと言う間に社内に広がり、上司に説得をされてしまいます。

    転職をしようと決めても、やる気のない態度や、いいかげんな仕事内容ではいけません。与えられた仕事もきちんとこなしていくのです。
    ALERT:在職している限り「転職」はあくまでも秘密に進めなければいけません。同僚にとって、今在職している会社は否定するべき会社ではないからです。

    転職先を探す

    マニュアル作成が完成したら、すぐに転職できるように、納得できる転職先を探しておきます。あくまでも、急がずにじっくりです。

    転職先には嘘の履歴書を提出するわけにいきませんから、「在職中で転職してくるのは何が理由なのか?」など率直に聞かれます。転職先からしてみれば、「我が社に入社しても、どうせすぐ辞めてしまうのでは?」という探りです。

    それでも、採用する価値のある人材であれば、採用したいというのが相手側の本音ですから、転職の理由はしっかりと答えましょう。

    ここで絶対に言ってはいけないことは、「やる気がなくなった」や、「嫌な先輩」がいる等弱気の発言です。なるべく、向上心が伺える発言をしましょう。

    辞表を出します

    採用してくれた転職先は、在職していることを承知しているので、無理に明日から来なさいとは言わないはずです。もし、言われたとしても、「もう少し引継ぎが残っているので、入社は先にして欲しい。」と、あくまでも、責任を果たしてから転職してくることを説明します。

    在職中の会社には、辞表を提出し、マニュアルを使った引継ぎができる最低の期間を伝え、辞めるようにします。
    ALERT:細かいところは、マニュアルに書いてあることを主張し、自分の提示した期間内で辞めることが大切です。

    おわりに

    在職中の転職はとても労力が必要です。自分で、「この時期までに転職しなければ」という期限を設けてしまうと、途中で挫折してしまう可能性があります。余裕を持って、あくまでも焦らず納得できる転職をすることが大切です。

    (Photo by http://www.ashinari.com/2010/06/06-337286.php?category=6

    このライフレシピを書いた人