\ フォローしてね /

正式な手紙の書き方ルールまとめ

ビジネスはもちろん、プライベートでも正式な手紙を書く場はたくさんあると思います。

しかし、最近はメールばかりになってしまって、改めて正しく手紙を書く方法がわからない…そんな人も多いと思い、手紙の書き方をまとめてみました。

何か物を贈るときも、一筆あるとないのとではだいぶ印象も違いますし、なにより相手に喜んでいただけたら最高ですよね。

正式な書き方にはある一定の決まりがある

少し見にくいかもしれませんが、図のように書き方の順番があります。

若い世代に馴染みがないであろうことは、差出人の名前(自分の名前)と送る相手の名前は一番最後に書くということ。

基本は縦書きですが、便せんのデザインによっては横書きになるかと思います。横書きの場合も、この順番は変わらずに書いて大丈夫です。

(1)頭語と(8)結語

頭語とは、手紙の一番はじめにくる冒頭の挨拶です。一般的に知られているのは、「前略」「拝啓」がこれにあたります。

結語とは、手紙の末文にくる挨拶にあたるもので、一般的に知られているものとして、「敬具」などがこれにあたります。

頭語と結語は、相手との関係や手紙の内容によって正しく使い分け、必ずセットで用います。

(2)時候の挨拶

季節の挨拶です。春夏秋冬の季節を表す挨拶をいれます。四季がある日本独特の表現ですよね。

(3)安否の挨拶

友達にメールをするときに、「元気?」と聞きますよね。それが、これにあたります。「いかがお過ごしでしょうか?」「おかわりありませんか?」が、よく使われます。

(4)感謝の言葉

相手に対して、日頃の感謝を1文挿入します。

(5)起の言葉

出だしを整える際に使います。「さて」「ところで」「早速ですが」がこれにあたります。

(6)主文

手紙の目的を書きます。

(7)締めくくりの挨拶

冒頭で挨拶の言葉がありました。締めにも挨拶の言葉を挿入します。

主文をうまくまとめるように書きましょう。

(9)書いた日

手紙を書いた日を書きましょう。

(10)差出人

書いた人の名前を書きましょう。位置は下になります。

(11)送る人の名前

送り先の相手の名前を書きましょう。左上に名前を書くのがルールです。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。