1. 暮らし
    2. 結婚後に携帯電話の名義を変更する方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    結婚後に携帯電話の名義を変更する方法

    結婚して入籍すると、姓が変わり、色々な手続をしなければならなくなります。

    そして、意外と見落としがちなのが携帯電話の名義変更です。

    携帯電話は日常生活の必需品ですので、紛失したときなどに携帯電話が見つかっても、名義が違っていると返還の手続が不便になる可能性があります。

    ここでは、携帯電話の名義変更の方法について説明します。

    docomoの場合

    名義変更に必要なもの

    • 氏名が変更になったことを証明する書類(原本)・・・戸籍謄(抄)本、または新しい氏名が記載されている運転免許証など
    • 金融機関のお届け印
    • 預金通帳又はキャッシュカード(口座番号が分かるもの)

    手続方法

    必要書類を持って直接ドコモショップに行って手続をします。手数料は無料です。

    パソコンやiモードで変更の申込書を請求することもできますが、その場合でも手続のためにはドコモショップへ行く必要がありますので、ドコモショップに直接行って手続をする方が賢明かもしれません。

    参照:docomoHP

    auの場合

    名義変更に必要なもの

    • 新印(旧印でも可)
    • au携帯本体
    • 運転免許証、健康保険証新印、住民基本台帳カード(Bタイプ:顔写真付き)、戸籍謄(抄)本もしくは住民票(書類の場合は併せて本人確認書類が必要)など、新旧両方の名前が記載されているもの

    手続方法

    必要書類を持って直接auショップに行って手続をします。

    auの場合、インターネットから変更の申込書を取り寄せて必要事項を記入した上、前記の本人確認書類を同封し、郵送で手続することもできます。

    いずれの場合も手数料は無料です。

    参照:auHP

    SoftBankの場合

    名義変更に必要なもの

    • 運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

    本人確認書類で改姓の履歴が確認できない場合には、運転免許証、健康保険証又は戸籍謄(抄)本のうち、どれか一つを持参

    手続方法

    必要書類を持って直接ソフトバンクショップに行って手続をします。手数料は無料です。

    SoftBankの場合、ネットで手続きする方法はないようです。

    参照:SoftBankHP

    おわりに

    いかがでしたか。

    この記事を読んで初めて名義変更の必要性に気付いた方も多いと思いますので、ぜひ早めに変更手続をすることをおすすめします。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人