\ フォローしてね /

フランス滞在に役立つトイレに関する情報

このライフレシピのもくじたたむ

フランスに初めて滞在する方に、事前に知っておくとより楽しく滞在できそうな「トイレ事情」をご紹介します。

フランスのトイレ事情

フランスのトイレ事情は、先進国としては結構微妙な気がします。基本的に公衆トイレは有料となるので、なるべく無料で入れるところなどを場所別に評価しました。

空港のトイレ:◯

空港のトイレは無料です。到着したらすぐに、入国ゲートを通る前に入っておくのが良いと思います。

ホテルのトイレ:◎

基本的にホテルのトイレは無料です。掃除も行き届いているので、おすすめです。リッツのトイレは豪華です。

デパートのトイレ:△

基本的には無料ですが個数が少ないので混雑していたり、有料のところもあります。プランタンは有料(1ユーロ)のトイレでしたが流石に綺麗でした。

美術館、コンサートホールのトイレ:◯

美術館やコンサートホールのトイレは誰でも気軽に入れるのでおすすめです。清潔さは微妙なときもありますが、一応清掃員がいるので大丈夫だと思います。

たまに便座が外れているときもあります・・・

高級レストラン、高級カフェのトイレ:△

いわゆるミシュラン系やサンジェルマン界隈にあるカフェなど富裕層がつかうようなレストランやカフェのトイレはとても綺麗です!ただしチップが必要なところがあります。お店によって異なりますが、パリの一般のレストランでは払わなくて良い場所の方が多いです。

ファーストフード、カフェ、バール系のトイレ:△

基本的に利用者にしか貸してくれないことが多いです。特にファーストフードはレシートにトイレコードがついていて、トイレ利用時に暗証番号を入れないと開かない仕様になっています。また、チップとして50サンチーム程度支払うところもあるようです。

パーキングエリアのトイレ:◯

バスツアーや高速に乗ったりするときに使えるパーキングエリアのトイレは、男女のトイレが近いことや入り口のドアがオープンなこと以外は基本的に快適なことが多いかと思います。

公衆トイレ:限りなく×に近い▲

Sanisetteという名のトイレですが、パリは最近無料になりました。利用後はオートで水が全方位発射されます。これで綺麗にするそうなのですが、一歩間違えば水浸しです。

おわりに

旅行中快適に過ごすための参考にしてみてくださいね。楽しい旅行になりますように。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。