\ フォローしてね /

銀座テーラーが教える!季節に合わせたスーツのおすすめ生地&代表的生地ブランド

© 銀座テーラー

年中同じスーツや季節外れのスーツ、着ていませんか?

現在は、通年で着用できるスーツが多く販売されていますが、そればかり着ていてはいつも同じような生地・同じような格好になってしまいます。

かといって、秋冬用と春夏用のスーツを着分けてオシャレをしてみたいけど、生地をどう見分けていいのか分からない、という方も多いことでしょう。

そこでここでは、季節ごとのスーツに使用する生地とそれらを生産する代表的な生地ブランドを紹介したいと思います。

洋服と同様、季節に合わせたスーツを着こなして、スーツでもオシャレを楽しんでみましょう!

本記事は、銀座テーラーのご協力により、2012年に執筆されたものです。

季節ごとのスーツおすすめ生地

Autumn/Winter(秋冬用)

  • フランネル

保温性が高くフェルトのように起毛しているため、滑らかな優しい肌触りが特徴。

  • ウール & カシミア

ウールにカシミアが配合されているため、上品な光沢もあり、肌触りが良く冬らしい生地感。

  • ツイード

しっかりとした打ち込みの生地のため、暖かくさらに耐久性が高いのが特徴。男らしく着倒したい方にはおすすめの生地。

Spring/Summer(春夏用)

  • リネン

上品な光沢があり、吸熱、発散性に優れているため、盛夏のジャケット地には最適。色が鮮やかなものが多く、夏の定番の逸品。

  • コットン

カジュアルはもちろんクールビズの最近では注目度も高く、ビジネスシーンで着用する人も増え、スーツとは違った印象になるのでぜひ1着春夏用に試したい生地。

  • モヘア

通気性に優れるため盛夏に好まれる。モヘアならではのドライな肌触りが人気。

代表的な生地ブランド

DORMEUIL(ドーメル)

イギリスの格調高い雰囲気とフランスのエスプリが効いた高級服地ブランド。プレタの有名メゾンからも愛されています。

INNES CHEMBERS(インネス チャンバース)

ホーランドシェリー傘下にあるイギリスのマーチャント。英国製ながら柔らかい風合いで美しい色目の服地が特徴。

HARRISONS of Edinburgh(ハリソンズ オブ エジンバラ)

イギリスの名門服地卸商としても知られている。ヨーロッパの貴族やセレブからも高い評価を得ています。

Caccioppoli(カチョッポリ)

イタリアのナポリらしい鮮やかな発色と遊び心のある生地柄が支持を集めるブランド。ジャケットなどにもおすすめの生地です。

SCABAL(スキャバル)

世界最大級のウールマーチャントであり、政治家やハリウッドからの信頼も篤い。英国らしい配色が楽しめるブランド。

さいごに

これで季節ごとのスーツを選んだり・仕立てたりする際に参考にできますね。

スーツも似たようなものばかりでなく、季節に合わせたものを選んでオシャレに楽しんで着こなしてみましょう!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。