1. 料理
    2. ズッキーニとしめじのパイ・コロキソピタの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ズッキーニとしめじのパイ・コロキソピタの作り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    コロキソピタ( Kolokithopita )は、ズッキーニまたはかぼちゃを使ったギリシャ風パイ。作り方や味は、地方または家庭によって様々です。

    本場ではフィロという薄い生地を重ねてパイを作るのが普通ですが、手に入らない場合は冷凍パイシートでも代用できます。

    今回はツナとしめじを入れて日本人に馴染みやすい味にアレンジしました。

    材料(6〜7人分)

    • フィロ(または冷凍パイシート2枚)
    • ズッキーニ:1本
    • しめじ:2パック
    • たまねぎ:1個
    • ツナ:1缶
    • チーズ(2種):1と1/2カップ
    • 食パン:2~3枚
    • 卵:2個
    • 黒胡椒:小さじ1 
    • ナツメグ:少々
    • オレガノ:小さじ1/2
    • オリーブオイル(作り方参照)
    チーズはできれば2種類用意します。フェタとリコッタを使うのがオリジナルのギリシャ風レシピ。今回はグラナ・パダーノとシャープチェダーを使用しました。
    食パンは、パン粉1~2カップで代用も可能です。

    作り方

    STEP1:下準備1

    フィロ(パイシート)は箱書きに従って解凍し、食パンは細かくちぎっておきます。

    ハードチーズを使う場合は、すりおろします。ソフトチーズなら小さくカット。

    STEP2:下準備2

    オーブンを180度に予熱します。

    ズッキーニは粗めにおろし、たまねぎはみじん切り、しめじは細かく切ります。

    STEP3:炒める

    オリーブオイル大さじ1で、ツナと野菜を炒めます。

    ツナがオイル漬けの場合は、オリーブオイルの代わりに缶のオイルを使用してもOK。

    STEP4:フィリング

    野菜の粗熱がとれたらチーズと卵を混ぜ、水分を見ながらちぎったパンを加えていきます。

    ハンバーグのタネより少しゆるいくらいの固さになるようにパンを足していきます。
    ここで味を見て、必要なら塩を足しましょう。

    STEP5:フィロ(パイ)の準備

    耐熱皿にオイルを塗り、パイシートを敷きます。

    フィロを使う場合、1~2枚ごとにハケでオリーブオイルを塗って、6~8枚重ねます。オイルはまんべんなく塗る必要はないので、適当に。

    フィロは乾きやすいので手早く作業すること。破れても気にしないで重ねましょう。

    STEP6: フィリングを詰めて蓋をする

    フィリングを詰め、パイシートかフィロで蓋をします。フィロの場合はオイルを塗りながら4~5枚重ね、上にもオイルを塗ります。

    STEP7: 焼く

    オーブンで60分焼きます。

    STEP8:完成!

    オーズンから取り出して完成です。

    おわりに

    ブランチや軽食にぴったりの、野菜たっぷりヘルシーなお食事パイ。パリパリさくさくの香ばしい生地が食欲をそそります。

    フィリングにミントの葉を刻んで入れると、より本格的。ハーブを足したり、ツナの代わりにベーコンを入れたり、お好みでアレンジしてみてください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人