1. 料理
    2. レンコン入り低カロリーな餃子の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    レンコン入り低カロリーな餃子の作り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    豚ひき肉料理の定番といったら、「餃子」がありますが、ひき肉は脂身が多くて、意外とカロリーが高くなるものです。

    かといって、ただ単にひき肉を減らし、キャベツや玉ねぎなどを増やすだけでは物足りません。

    そこで、具の中に「レンコン」を入れて、ボリューム食べ応えがあるように工夫しました。これなら、ひき肉が少なくても、満足できる餃子ができます。

    今回は野菜がたっぷりの「ヘルシー餃子」の作り方を紹介します。

    材料 (30個分)

    • 餃子の皮 30枚
    • 豚挽き肉 80g
    • レンコン 60g
    • キャベツ 100g
    • 玉ねぎ 80g
    • レンコン 60g
    • 醤油 大さじ1
    • 酒 大さじ1
    • 塩・コショウ 各少々
    • サラダ油 大さじ2
    • 水 1/2カップ

    ヘルシー餃子の作り方

    STEP1:キャベツを加熱する

    キャベツは耐熱容器に入れラップをして、レンジで3分ほど加熱し、しんなりさせます。

    STEP2:野菜を切る

    キャベツはみじん切りにして、キッチンペーパーで包んで水気を絞ります。玉ねぎもみじん切りにして、水気を絞ります。にらとレンコンは、みじん切りにします。

    STEP3:ひき肉と調味料を混ぜる

    ボウルにひき肉と、醤油、酒、塩、コショウを入れ、粘りが出るまで手でよく練り合わせます。

    STEP4:野菜を加える

    切った野菜も加えて、さらによく混ぜます。

    STEP5:具を皮で包む

    具を餃子の皮で包みます。

    STEP6:餃子を焼く

    フライパンを温めたらサラダ油をひき、餃子を並べ焼き色をつけます。

    次に水を回し入れ、蓋をして水気が飛ぶまで蒸し焼きにします。

    完成!

    皮に透明感が出て、中まで火が通ったら出来上がりです。酢醤油やラー油をかけてお召し上がりください!

    レンコン入りなので、食感がしっかりしていて、ヘルシーだけど満足できる餃子です。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人