\ フォローしてね /

『SAI』で絵を描こう!レイヤー機能の基本的な使い方

今回は、『SAI』のレイヤー機能についてご紹介いたします。この記事で紹介するのは、

  • レイヤーとは?
  • 新規レイヤーの追加
  • レイヤーの選択
  • レイヤーの不透明度を調整する
  • レイヤーの削除・消去
  • レイヤーの表示・非表示の切り替え

以上です。

本記事は、2012年にSAI Ver.1.1をもとに執筆されたものです。

STEP1:レイヤーとは?

STEP1-1:レイヤーとは

レイヤーとは、透明で何枚でも重ねられるキャンバスだと思ってください。レイヤー機能を使えば、『1枚目のレイヤーに線画を描いて、その下の2枚目のレイヤーで色を塗る』…など、パーツを分けて絵を書くことができます。

STEP1-2:レイヤー機能のメリット

例えば、はじめのレイヤーに下書きを描いて、その上のレイヤーに線画を描くとします。線画が完成したら、下書きをレイヤーごと削除(下書きの紙だけを引き抜いてゴミ箱にポイ)してしまえば、線画だけが残ります

こうやってレイヤーごと一気に消せば、ちまちまと消しゴムをかける必要もありません。レイヤー機能のメリットのひとつと言えます。

SAIの一番右側にある、このウインドウがレイヤーウィンドウです。このウィンドウの基本操作について紹介します。

STEP2:新規レイヤーの追加

まず下書きを描いたら、次に線画を描きますね。このときレイヤーを追加するには、『通常レイヤーの新規作成』のボタンを押します。

レイヤーが作成されました。

下書きの上に透明のレイヤーが追加されたので、絵自体に変化はありません。

STEP3:レイヤーの選択

レイヤーウインドウで描きたいレイヤーをクリックで、そのレイヤーを選択することができます。

STEP4:レイヤーの不透明度を調節する

レイヤーを選択して『不透明度』のバーをスクロールすると、そのレイヤーの不透明度を変えることができます。100%で完全に不透明になり、0%で完全に透明になります。

また、レイヤーごとの不透明度は、レイヤーのサムネイルの横に表示されます。

下書きの線の色が濃くて線画が描きにくいときなどに、下書きの不透明度を下げると線画が見やすくなります。

STEP5:レイヤーの削除・消去

線画が出来上がりました。これで下書きは使わなくなります。

STEP5-1:レイヤーの削除

ゴミ箱のかたちの『レイヤーの削除』ボタンでレイヤーごと削除することができます。

STEP5-2:レイヤーの消去

また、『レイヤーの消去』ボタンを押せば、レイヤー自体を削除することなく、レイヤーに描かれた絵だけを削除することができます。

このとき、レイヤーの不透明度などの変更点はそのまま残ります

レイヤーの表示・非表示の切り替え

下書きを消さないでおきたい場合は、『レイヤーの表示・非表示』の切り替えボタンを使えば、一時的にレイヤーを非表示にできます。

ボタンの目のマークが消えたら、そのレイヤーは非表示になっています。また、もう一度クリックするとレイヤーは表示され、表示・非表示を切り替えることができます。

下書きが消えていますね。

おわりに

今回の記事はこれで終了になります。

SAIのダウンロードはこちらから。
Easy Paint Tool SAI

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。