\ フォローしてね /

もらって嬉しい!20代後半女性用結婚祝い5選

著者は29歳で結婚しました。当時、新しく始まる自分の生活に一体何が必要なのかをよく考えている暇がありませんでした。

生活が落ち着いた頃に友人や親戚にプレゼントしてもらい、未だに使っている結婚祝いの品を5つ紹介したいと思います。

LE CREUSETの鍋

日本でも流行っているル・クルーゼの鍋です。姉からお祝いとしてもらいました。

「名前はよく聞くけど、一体どんなものなの?!」と疑問でしたが、一度使うとこの鍋なしでは料理ができなくなりました。

保温効果がとても高く、煮込みやカレーを作る時には大活躍します。また、揚げ物をする時にも使っています。

いろいろな料理に対応できる上、デザイン性も高いところがポイントです。一つ持っていると長く使えます。

白鳳堂の化粧筆

白鳳堂とは、広島では老舗の化粧筆屋さんです。使い心地が素晴らしいと爆発的な人気が広がり、現在では都心のデパートでも購入できるようになりました。

友人からの結婚祝いでもらったものです。実際に使ってみると、驚くほど筆がやわらかく、肌になじみます。毎日のお化粧が楽しみになりました。

なかなか上質の化粧筆を買うという機会がないので、プレゼントに最適だと思います。

包丁セット

実は自らリクエストを出して、母親に買ってもらったものです。毎日のお料理にはかかせない道具なので、絶対に必要だと思っていました。

肉・魚用はもちろん、パンや果実用の包丁やハサミもセットになっています。

既にセットになっていると、いろいろな包丁をバラバラと買う必要がないので、後ほど楽です。


結婚のお祝いとして「切れるもの」は縁起がよくないと言われていますが、事前にリクエストがあった場合、良いプレゼントになると思います。

アロマフューザー

以前からアロマフューザーが欲しいと思っていたのですが、買うかどうか躊躇していました。そのことを知っていた友達からプレゼントされた時は、とても嬉しかったです。

空気洗浄機の機能を持つアロマフューザーも出ています。空気も綺麗になる上、良い香りに包まれるアロマフューザーは、新婚生活にピッタリだと思います。

ランチョンマットとナプキンセット

ランチョンマットとナプキンセットは、会社の仲間からもらったものです。

毎日使える値段の安いものは持っていたのですが、来客用の少し高価なランチョンマットは持っていませんでした。

結婚後、旦那の上司や友人、親戚などが来る機会が多くなります。その際に普段使いのものよりも高価なランチョンマットがあると、食卓が鮮やかになり、雰囲気が変わります。

こちらもなかなか自分から買う機会がないので、結婚のお祝いとしてもらった場合、とても嬉しい一品です。

おわりに

今回は著者が実際にもらって嬉しかった結婚祝いを紹介させていただきました。どれも長く使えるものです。

ぜひ参考にしてください!

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。