\ フォローしてね /

クールな夜を楽しむ!一人でもソウルバーを楽しむ方法

ソウルミュージックと聞くと、どのようなビートや歌手を想像するでしょうか。ソウルの歴史は深く、とても一言では説明できませんが、熱く情熱的な音楽だと言えます。

「ソウルバーに行ってみたい」と思っていても、なんだか敷居が高く、入りにくいというイメージがあるかもしれません。

そこで、ソウルミュージックの研究や経験を重ねた筆者が、ソウルバーを楽しむコツをご説明します。

初めての日はバーカウンターに座る

老舗のソウルバーに行くと、年齢層も高めの音楽に詳しい人たちがお酒を楽しみながら、音楽を語り合っています。時間帯にもよりますが、一人で来ているお客さんもたくさんいます。

イスとテーブルに通されても、初日はバーカウンターに座ることをオススメします。まずはバーテンダーと話しをするきっかけを作り、仲良くなりましょう。

自分が一人で来たことを知ったバーテンダーは、常連さんを紹介してくれます。ここで他の人たちとも仲良くなることができます。

知ったかぶりをしない

ソウルバーには、自分が思っている以上に音楽にこだわりを持ち、音楽にとても詳しいお客さんたちがたくさんいます。

いろんなお客さんとソウルミュージックやアーティストについて話しをすると思いますが、知らないことは知ったかぶりをしないで、じっくりと話しを聞いてみましょう。ここで知ったかぶりをすると、自分が辛くなります。

ソウルの歴史、ミュージシャンの背景、その時代に流行っていたビートやサウンドなど、自分が知らなかったことを学べるチャンスです!たくさん音楽の情報を吸収しましょう。

メモを取る準備をしておく

仲良くなった常連のお客さんなどは、自分がオススメのCDやレコード、ライブ情報などを丁寧に教えてくれます。ここで筆記用具があると、とても便利です。さっそく入手した情報を書き込んでおきましょう。

後日、紹介してもらった音楽を聴いてみると、より詳しくソウルミュージックに接することができるでしょう。また、一味違った印象になります。

筆記用具がない場合は、スマホのメモ機能等を使いましょう。

同じお店に何度か通ってみる

居心地の良いお店や人間関係が形成できたら、何度かお店に通ってみましょう!

筆者は、自分好みのソウルミュージックをかけてくれるお気に入りのお店を見つけた後、一人でも何度も通い、たくさんの人に教えてもらいながら、音楽の知識を深めることができました。

ソウルバーでは会社の人間関係や親しい友人とは違った素晴らしい出会いがあるものです。

おわりに

ソウルバーは新たな人とつながり、人生を豊かにしてくれます。緊張せずに、楽しみながら素敵な夜を過ごしましょう!

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。