\ フォローしてね /

古田敦也が教える!野球バットの握り方(動画あり)

バットの握り方は、バッティングをする上で非常に重要です。

そこで、古田敦也選手による、バットの握り方のポイントを説明します。

本記事は、古田敦也氏の監修を元に、2012年にnanapi編集部が作成したコンテンツです。

動画で学ぶ

正しくバットを握るための3ステップ

STEP1:手の平で握る

バットの持ち方は、手の平で握るか、指にかけて握る持ち方があります。プロの野球選手でも、人によって持ち方が異なります。

強い打球を打つためにはバットに力が入る「手の平」で握る持ち方のほうが望ましいです。指先ではバットを押す力が弱いので、遠くに飛ばす場合には向かないのです。

STEP2:力の入れやすい位置で握る

インパクトの瞬間に力が入る角度は人それぞれです。自分が最も力がはいる角度を探しましょう。

バットにボールが当たる位置で、バットの先を他の人に持ってもらいます。握りの角度を少しずつ変え、最も力が入りやすい位置を探してみます。

特に、後ろの手(右打ちなら右手)はボールを押し出す力が伝わりやすいので、意識しましょう。

一人練習にはタイヤが便利
一人で練習する場合は、タイヤなどにバットを当て、力の入る位置を探しましょう。

STEP3:その握りのまま構える

STEP1と2で決めた持ち方のまま、バットを構えます。

持ち方をキープする
構えの持ち方とインパクトの瞬間の持ち方が違うと、最も力が入る位置でボールを打てないことがあります。

おわりに

強い打球を打つためには、持ち方は重要です。

握り方が少し違うだけで飛距離が大きく変わってしまうので、自分が一番力の入る位置を見つけましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。