\ フォローしてね /

一人暮らしの光熱費って?平均額と節約のポイント

はじめに

一人暮らしは意外とお金がかかるもの。特に冷暖房を使う夏冬の光熱費はドキドキものです。でもなかなか人には聞けませんよね。

今回は著者の一人暮らし経験を元に、光熱費の平均額と節約のポイントをご紹介します。

nanapiユーザーの体験をもとにした内容になります。金額等はあくまでも目安とお考え下さい。

光熱費の平均額と節約のポイント

著者の場合、1ヶ月の光熱費の平均は

  • 電気代:2000〜6000円
  • ガス代:3000〜6000円
  • 水道代:3000円程度

でした。電気・ガス代は季節によって大きく変動するため、幅が広くなっております。それでは以下に、光熱費別に節約のポイントをまとめます。

電気代の節約のポイント

電気代は夏冬はどうしても高くなります。著者の場合は扇風機やガスファンヒーターなどエアコン以外の空調機器がなかったため、特に高額になっていました。

ただ、夏冬以外が安いのには訳があります。それはテレビを持っていなかったこと。待機電力もですが、全く観ないわけですから当然電気代にも反映されます。

誰でも簡単にできる方法としては、契約アンペアを変更することです。契約アンペアとは、どのくらいの電気を同時に使えるかを意味しています。契約アンペアを確認するにはブレーカーを確認してください。

この契約アンペアが自分が使うよりもずっと高くなっていることもあります。東京電力ですと、30Aから20Aに変えるだけでなんと、毎月270円ほど節約できます!

自分の契約アンペアが適正かは各電力会社で相談に乗ってもらえます。簡単な工事だけで変えることができます。

契約アンペアは頻繁に変えることはできません。会社にもよりますが、変更は1回のみということもありますので慎重に。

ガス代の節約のポイント

ガス代の一番の節約は、自炊する場合、シャワーを1日2回使う場合など事前にガスをよく利用するとわかっている場合は最初から都市ガスの物件を選ぶことです

都市ガスとプロパンガスではガス代が大きく変わってきます。目安としては大体倍程度違うと考えると良いです(都市ガスで1500円くらいだと、プロパンガスでは3000円くらい)。

またプロパンガスはガス会社によって料金にばらつきがあるので、物件探しの際に契約ガス会社も参考にすることをおすすめします

入居した後でガス代を節約するには、なるべく給湯器を使わないことが一番です。とはいえ、寒い冬には使いたいもの。

給湯器を使う際には

  • 設定温度を低めにする
  • 給湯器のスイッチはこまめに切る

の2つを徹底するだけで大分ガス代も違います。著者は両方を同時にしていましたが、金額にするとプロパンで月数百円違っていました。

水道代節約のポイント

水道代は大体一人暮らしなら基本使用料分で済むので特に気にする必要はありません。エコのために、だしっぱなしで洗顔や食器洗いをしないように気をつけるだけでOKです。

おわりに

いかがでしたか。生活していけば切っても切れない光熱費。

ちょっとした節約ポイントを抑えて快適な日々を過ごせることを祈っています。

(Photo by 足成

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。