\ フォローしてね /

古田敦也が教える!力が伝わるバッティングフォーム(動画あり)

バッティングでバットまで力が伝わっていますか?今回は、力の伝わるバッティングフォームを習得しましょう。

本記事は、古田敦也氏の監修を元に、2012年にnanapi編集部が作成したコンテンツです。

動画で学ぶ

バッティング時の姿勢

腰を入れてお尻を突き出す

背筋を伸ばせ」と指導するコーチは多いです。背筋を伸ばしたら一本芯が入るため、体を回転させやすくなるためです。

しかし、背筋以上にの位置が重要です。美しいバッティングフォームのためには、腰を入れてお尻を突き出すイメージで構えましょう。

背筋を張りすぎない

背筋を伸ばすことは大事なのですが、背中全体に力を入れてしまうと腕が巧く動かせなくなってしまいます。

バッティングフォームを作るときは、肩周りの力は抜き、ゆとりを作っておきましょう。腕の付近にゆとりがあると、インコースやアウトコースの球に対応しやすくなります。

おわりに

力強いスイングをするためにも、腰の入れ方や背筋の伸ばし方は重要になります。今回説明した2つのポイントを常に意識するようにしましょう。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。