\ フォローしてね /

古田敦也が教える!バッティングフォームの作り方(動画あり)

プロ野球選手でも、バッティングフォームはそれぞれです。自分のバッティングフォームはどのように作ればいいのでしょうか。

本記事は、古田敦也氏の監修を元に、2012年にnanapi編集部が作成したコンテンツです。

動画で学ぶ

バッティングフォームのポイント

タイミングのとりやすいフォームで

バッティングフォームは人それぞれです。どのようなフォームが良いのでしょうか。

フォームを決めるのに重要なのは、タイミングの取りやすさです。バッティングのタイミングが取りやすければ、見た目は特に問題はありません。

トップの位置に早く入れるように構える

近年の野球では、ピッチャーは変化の鋭い球を投げてきます。そのため、変化球にも対応できるようなフォームにする必要があります。

鋭い変化に対応するには、打つ直前に手が最も後ろに行くポジション「トップ(テイクバック)」の位置に素早く入る必要があります。

構えの時点であらかじめバットが後ろにあるような構えにしましょう。

おわりに

一つの構えだけにこだわる必要はありません。憧れる選手の構えなどを真似をして、研究を重ね自分だけのフォームを作ってみるのもいいかもしれません。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。