\ フォローしてね /

グリルで美味しく~トーストを焼く方法

トースターを使わなくても魚焼グリルで美味しいパンが焼けます。

グリルの魚臭さは熱処理で気になることもありません。ぜひお試しください。

材料 (1人分)

  • 食パン   1枚
  • マーガリン  適量

写真は、2人分です。

焼き方

STEP1 グリル内を加熱する

魚焼グリルを何もいれず、5分ほど加熱します。
CHECK:この加熱によりグリル内が熱処理されて、魚臭さがなくなります。

魚を焼いた後は、ニオイも気にならない!魚焼グリルをストレスなく洗う方法で網と受皿を洗っておくといつでも快適にパンを焼けます。

STEP2 パンを入れて加熱する

マーガリンを塗った食パンをグリルに入れ、弱火で2分加熱します。
加熱後はすぐにパンを取りだしてください。余熱で焦げてしまいます。
弱火で1分加熱して余熱で焼いてもいいでしょう。エコクッキングになります。

写真、奥はチーズをのせています。

完成!

表面のマーガリンが塗れていないところは、裏面と同じようにザクッ!とした食感になります。

パンの厚み

6枚切りや8枚切りは、そのまま焼いて構いません。

4枚切りになると上火が表面に近づくので焦げてしまいます。少し加熱したらアルミホイルを被せてください。

CHECK:アルミホイルを使えば、8枚切りにハムとチーズを挟んでホットサンドも手軽にできます。

マーガリン

マーガリンを焼く前に塗ると表面はしっとりした食感が楽しめます。塗らない場合はザクッとした歯ごたえになります。
CHECK:ジャムやハチミツなどの甘めのトッピングにする場合は、先に塗ることをおすすめします。

おわりに

少し焦げ目がついてトースターにも負けない美味しさです。

著者は、トースターが壊れた時に長い間この方法でパン生活を送っていました。ガス台で別の調理をしながらパンの様子も見れますから、とても便利です。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。