\ フォローしてね /

古田敦也が教える!バッターボックスの立ち方「スクエアスタンス」(動画あり)

バッターボックスでの立ち方はどのようにしているでしょうか?

足の置き方で、力の入り具合も変わってしまいます。今回は、全てのスタンスの基本となるスクエアスタンスのポイントを説明します。

本記事は、古田敦也氏の監修を元に、2012年にnanapi編集部が作成したコンテンツです。

動画で学ぶ

スクエアスタンスとは

スクエアスタンスとは、バッターボックスに対して平行に足を置く構え方です。

クローズドスタンス・オープンスタンスもある
他にも、後ろの足を一歩下げるクローズドスタンスや、前の足を一歩下げるオープンスタンスがあります。

スタンスの基本

クローズドスタンスやオープンスタンスは、スクエアスタンスの発展系なので、スクエアスタンスは全てのスタンスの基本だと言えます。

スクエアスタンスのポイント

スクエアスタンスのメリット

球を打つときは、体をひねって打ちます。そのため、最も体を回転させやすいスクエアスタンスはスイングがしやすいのです。

スクエアスタンスで気をつけること

スクエアスタンスで気をつけなければいけないのは、足の向きです。特に後ろの足の向きに注意しましょう。

つま先が開いた八の字で立つと体が前に向かって回転しづらいです。そのため、回転の力が後ろ方向に逃げてしまうのです。

スクエアスタンスではつま先を少し内側に入れた立ち方を意識してみましょう。

つま先を内側に入れた姿勢だと、テイクバックするのに力が必要になります。その分スイングの反動がつき、速いスイングが出来るようになります。

おわりに

3つのスタンスにはどれもメリットがあるので、これでなければいけないということはありません。

しかし、スクエアスタンスは基本のスタンスなので、しっかり習得しておきましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。