\ フォローしてね /

甘いところを逃さない!メロンの切り方

メロンは冷蔵庫や常温で保存調節して底が柔らかく、匂いがしてきたら食べ頃の目安といわれています。食べるときにどんな風に切っていますか?実はたった1つのポイントを抑えるだけで甘いところを逃さずに美味しくいただく切り方があったんです!「メロンの甘い方は◯◯◯」。これを知ってるだけでメロンの甘さがグッと引き出せちゃうんです。近所のスーパーで今晩の献立のお野菜と一緒にメロンも買ってぜひ試して下さい。
このライフレシピのもくじたたむ

夏の果実の代表といえばメロン。筆者が暮らす北海道の代表的果実です。筆者の家もメロンを作っています。

そのメロンの甘いところを逃さずにきれいに食べる方法を紹介します。オーソドックスな切り方ですが意外と知られていないポイントがあります。

用意するもの

  • ナイフ
  • スプーン

メロンの切り方

STEP1:へたを切る

へたを切ります。

STEP2:半分に切る

半分に切ります。

STEP3:スプーンで種を出す

スプーンで種を出します。

STEP4:半分に切る

半分に切ります。

STEP5:さらに半分に切る

さらに半分に切ります。

STEP6:皮に沿って包丁を入れる

皮に沿って包丁を入れます。

この時、包丁を入れるのはへたと反対側のおしりのほうからです。花がついていたほうが甘いからです!

STEP7:適当な大きさに切れ目を入れる

適当な大きさに切れ目を入れます。

STEP8:完成!

お皿に盛りつければ、完成です。

おわりに

メロンの甘いほうは「おしり」と覚えておくといいですよ!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。