\ フォローしてね /

古田敦也が教える!バッターボックスの立ち方「オープンスタンス」(動画あり)

バッティングフォームには、スクエアスタンス、クローズドスタンス、オープンスタンスの3つがあります。

今回は、オープンスタンスの長所や短所について説明します。

本記事は、古田敦也氏の監修を元に、2012年にnanapi編集部が作成したコンテンツです。

動画で学ぶ

オープンスタンスとは

オープンスタンスとは、後ろにある足が前にある足より一歩ホームベースに近い構え方です。足は開いているスタンスですが、体も開いてしまうとスイングがしづらいです。そのため、体は閉じて構える選手がほとんどです。

また、打つ瞬間に体を一回閉じるスタンスなので、スクエアスタンスやクローズドスタンスで、体が開きがちの選手にはオープンスタンスがおすすめです。

長所

オープンスタンスの長所は、体がピッチャーに対して開いているので、ピッチャーとボールが両目で見やすいことです。

ピッチャーのフォームやボールの軌道をしっかり見て、自分のポイントで打てるのが特徴です。

短所

打つ瞬間に、前の足を開いてステップをしてしまうと打球は遠くに飛びません。

スクエアスタンスやクローズドスタンスの状態にステップするように意識しましょう。同時に、開いていた肩を内側にいれてスイングしましょう。

おわりに

ボールがよく見える分、ステップの方向が難しいのがオープンスタンスです。ステップのタイミングや場所が上手く合わせられるようであれば、自分のフォームに取り入れてみましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。