1. 料理
    2. ゴーヤを使った常備菜の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ゴーヤを使った常備菜の作り方

    はじめに

    体に良いと言われるゴーヤを日常的に食べたいと思い考えたオリジナルレシピです。出来るだけゴーヤの苦みを抑えたかったので、ゴーヤが苦手な方にも比較的美味しく食べて頂けるメニューになっていると思います。

    分量について

    2人分の分量です。
    一回分の量ではなく、毎日食べて4、5日間分くらいの分量です。

    材料

    - ゴーヤ 1本(25cmくらいの大きさのもを使用しました)
    - 人参 5cm程度
    - こんにゃく 一丁
    - ごま油 大さじ1

    【調味料】
    - 焼肉のタレ(お好みのものでOK) 大さじ3
    - 酒 大さじ1
    - みりん 小さじ1
    - 砂糖 小さじ1
    - 甜麺醤 小さじ1
    - 豆板醤 小さじ1/2
    - しょうゆ 小さじ1

    甜麺醤や豆板醤がなければ、お使いの味噌や一味唐辛子で代用してOKです。

    ゴーヤの常備菜の作り方

    STEP1 ゴーヤの下ごしらえ

    ゴーヤを横半分、そして立て半分に切り、ワタをスプーンで取り除きます。

    STEP2 ゴーヤを切る 

    ゴーヤを5mm幅に切ります。

    STEP3 ゴーヤをレンジにかける

    耐熱容器にゴーヤをあまり重ならないように並べてレンジにかけます。写真は半分の量ですので、レンジで1分30秒(500w)を2回に分けてかけました。

    一回で全量レンジにかける場合は2分30秒(500w)くらい。目安はゴーヤが程よくしんなりする程度でOKです。

    色鮮やかに仕上げるためと、ゴーヤの苦みを抑えるための下準備です。

    STEP4 こんにゃくを切る

    こんにゃくの短い辺を縦に5mm幅に切り、横に寝かせて四等分に切ります。全て同じ切り方をします。

    STEP5 人参を切る

    人参は流水で洗い、皮つきのまま使用します。2mm幅の輪切りにし、それらを縦に5mm幅の短冊切りにします。切り方はこんにゃくと同じ要領で切ります。

    STEP6 人参をレンジにかける

    耐熱容器に程よく広げて一度に全量をレンジに2分(500w)かけます。
    CHECK:炒める時に火が入りやすいようにレンジにかけておきます。

    STEP7 炒める

    熱したフライパンにごま油を入れ、こんにゃくを入れて中火で炒めます。こんにゃくの角が丸くなってきたら、人参を入れて軽く炒めてゴーヤを加えます。軽く混ぜ合わせたら蓋をして5分間中火にかけます。

    途中2回ほど混ぜて均等に火が通るようにします。5分経ったら火を止めて、蓋をしたまま5分間放置して予熱調理します。

    STEP8 調味料を加えて仕上げる

    フライパンを再度中火にかける。予めしょうゆ以外の【調味料】を全てボールに入れて混ぜ合わせておき、それをフライパンに注ぎ入れて混ぜ合わせ、味を均等になじませます。

    蓋を取ったまま3分間炒め、最後にしょうゆを回し入れ、強火で30秒ほど炒めたら火を止めて出来上がりです。

    おわりに

    2人分のレシピになっておりますが、毎日食べて4,5日は頂ける分量になっておりますので、結構なボリュームがあると思います。

    日々の常備菜として一品にもなりますし、お酒のあてとしてやお弁当のおかずにもなりますので便利です。栄養があり彩りも良いのが嬉しい一品です。ぜひゴーヤの旬に時期に作ってみて下さい。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人