\ フォローしてね /

古田敦也が教える!インステップのバッティングポイント(動画あり)

このライフレシピのもくじたたむ

野球はバッターボックスに立ち、打つタイミングでステップを踏んでバッティングをします。では、どのようなステップがあって、それぞれどんな特徴があるのでしょう。

今回は、インステップの特徴やメリットを説明します。

本記事は、古田敦也氏の監修を元に、2012年にnanapi編集部が作成したコンテンツです。

動画で学ぶ

インステップとは

インステップとは、ベースに向かって一歩踏み込むステップです。インパクトの瞬間にはクローズドスタンスの位置に足が移動します。

インステップのメリット

野球はホームベースを中心に90°の中に打球を飛ばさなくてはいけません。インステップで踏み込むと、体が傾くので、90°のフェアゾーンが右方向に移ります。

フェアゾーンが移ることで、インパクトのポイントが少し後ろに下がります。ポイントが下がり、ボールを見る時間を長くとることができるのです。

インステップのポイント

インステップは体がホームベースに近づくので、インコースに対応しづらくなります。そこで、体重の移動が重要になります。

インステップでは、一歩前に踏み込むのですが、体重は後ろにかけるようにしましょう。体重は後ろのままにすることで、近づきすぎることを防ぐことができます。

おわりに

インステップは、体重移動が難しいですが、ボールをしっかり見て打つことができるステップです。ボールを見極めるのに良いステップなので、選球眼を磨くのには良いかもしれません。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。