\ フォローしてね /

古田敦也が教える!バッティングでの後ろ脇の使い方(動画あり)

このライフレシピのもくじたたむ

打球の飛び方に大きく関わるのは腕の動きです。その腕の動きを支える肘や脇の動かし方はとても重要です。

バッティングフォームで気をつけるべき点を、今回は後ろ脇に焦点を当てて説明します。

本記事は、古田敦也氏の監修を元に、2012年にnanapi編集部が作成したコンテンツです。

動画で学ぶ

後ろ脇の使い方

後ろ脇は、構えた時にキャッチャー側になる面です。右打者なら右脇を指します。

後ろ脇はボールを押し出す後ろの手を支えています。後ろ脇の動かし方で、スイングのスピードに大きく変化が現れるのです。

打つ瞬間に後ろ脇をしめることで、スイングに力が入ります。体に巻き付けるように肘をしめ、それに合わせて後ろの手で力強く打ちます。

肘は必ず体の前に持ってくるように意識しましょう。

脇を空けて構える

メジャーリーグの選手にも見られるように、現代の野球では構えの時点では脇を開いていることが多いです。

脇をあけた状態から、インパクトの瞬間にしめることで、スイングに勢いがつくのです。

後ろ脇が閉じた構えだと

また、両肘を閉じた状態で構えてしまうと背中が曲がった構えをしやすくなってしまいます。

打つ瞬間に軸が前傾に曲がっているため、アッパースイングになりやすくなってしまうのです。アッパースイングは振り遅れが生まれるなどデメリットが大きいスイングです。

アッパースイングを避けるという意味でも、脇は開いて構えるのが良いでしょう。

おわりに

昔と今ではスイングに関する理論も変化しています。現代では、脇を開いてから閉じるほうが、スイングスピードが上がるとされています。

脇は開けた構えのほうがメリットは大きいので、窮屈でも実践してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。