1. 趣味
    2. 帰省費節約!お盆の航空券を安く入手する方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    帰省費節約!お盆の航空券を安く入手する方法

    帰省ラッシュ時の航空券は、高価どころか入手すら難しいケースがあります。

    それでも「帰省したい!」のが、故郷を持つ人間の性ですよね。もちろん「交通費は安く抑えたい!」のも社会人の性です。

    交通量がピークに達するお盆の時期に、少しでも安く帰省したいという方のために、ささやかながらその方法をまとめました。

    お盆に安く帰省するために

    1: 何はなくともまず日程!

    会社の休みがハッキリしないから予定を立てられない...という理由でお盆間際まで「予定は未定」になっていませんか?

    安く航空券を入手するためには、何はなくとも予定です。日程が決まらないうちは、航空券を入手できません。

    しかも、ラッシュ時期の航空券ですから「3ヶ月前には決める」くらいの勢いが大事です。

    2: 理想は「1日早く」

    お盆に確実に安く帰省するには「1日早く」が理想的です。

    勤め先によっては難しいケースもあると思いますが、世間がお盆休みに入る1日前に帰省するように計画するとチケットが格段に取りやすくなります。

    3: ひとりで帰省?ふたりで帰省?

    日程と同時に人数も決めます。ひとりで帰省するのか、家族も一緒なのか、婚約者や友達を連れて行くのか決めましょう。

    人数で金額が変わるケースもあります。

    航空券を安く入手するには

    1: 早割を使う

    一番確実な方法は、航空会社で設定されている「早割」を使うことです。

    航空会社によっていつから予約できるか設定がありますが、一番早い時期に予約すればその分安く済ませることができます。

    そうすれば、通常の3〜4割程度安く航空券を入手できます。

    2: 金券ショップをチェック

    早割が入手出できない場合、格安チケットを販売している金券ショップなどもチェックします。

    早割に比べて金額は安くなりませんが、1〜2割程度は安価に済ませることができます。

    3: ツアーを利用して帰省する

    添乗員が付くようなツアーではなく、ビジネスマン向けにホテルが付いた航空券を入手すると飛行機代だけよりも安く済む場合があります。

    お盆時期はツアー自体が無い場合もありますが、地方によってはギリギリまで可能だったりもします。

    友達や婚約者などと一緒に帰省する場合が、この方法もおすすめです。

    ツインの部屋だと安くなりますし、一泊だけホテルに宿泊して、帰省の便を数日後に設定することもできるプランもあります。

    おわりに

    ただ故郷に帰るだけなのに、どうしてこんなにも高額な費用を払わなくちゃいけないんだ!と理不尽に感じる思いはとても共感します。

    筆者も交通費がネックになって帰省できないことがありました。

    ポイントはとにかく早めのプランです。アットホームな会社の場合、飛行機で帰らなければいけないほど遠くに故郷があると解れば、一日有給を取ることにも協力してくれたりもしますよ。

    せっかくのお盆休みですから、しっかりと故郷でリフレッシュしたいものですよね。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人