\ フォローしてね /

旅行中に!英語でレストランを予約しよう

お目当てのレストランに飛び込みで入って数時間待ちはつらい!

ガイドブック片手に慣れない街をレストラン探して放浪するのもしんどい!

ニューヨークを始め、アメリカのちょっとしたレストランは基本的に予約をしてから行きましょう。

予約の前に

予約したい人数・日時を「英語で」メモ

あせって口をすべらせないよう、

  • Four peole (4人)

  • September 1st, Saturday, 6 p.m.

(9月1日の土曜日 午後6時)

などと予約したい人数・日時のメモを準備。

代替日時も「英語で」メモ

希望日時が空いていない場合に振り返られる候補日時も、

  • 7 p.m. (午後7時) or 8 p.m. (もしくは、午後8時)

  • September 2nd, Sunday, 6 p.m. (9月2日の日曜日 午後6時) or 7 p.m. (もしくは、午後7時)

などとメモを準備。

予約の電話

相手が店の名前と共に、

How may I help you?(どんなご用件ですか?)
などと電話に出たら、

Hi, I’d like to make a reservation for four people on September 1st, Saturday, 7 p.m.(こんにちは。9月1日の土曜日、午後7時に4人の予約を入れたいのですが。)
こんな感じで大丈夫です。

全部まとめて言わなくても、たいていの場合、

What day?(どの日ですか?)
What time?(何時ですか?)
How many?(何人ですか?)
と聞いて来るので、それぞれ別に伝えても構いません。

最後に相手が復唱するので、準備したメモを見ながら、よく聞いて確認してください。筆者は、相手の復唱に合わせて、必ず自分でも復唱し、再確認します。

運悪く、その時間がいっぱい(fullとか、not availableとか)の場合は、他の時間が空いていないか聞いてみましょう。

What time is available on that day?(その日の何時だったら空いていますか?)
とか、

How about 6 p.m.?(午後6時だったらどうですか?)
といった具合に。

別の日でも良いのだったら、

How about 7 p.m. on September 2nd, Sunday?(では、9月2日の日曜日、午後7時はどうですか?)
とか、

What time is available on September 2nd, Sunday?(9月2日の日曜日なら何時が空いていますか?)
と聞いてください。

予約できないお店

予約ができず、並ばなければならないレストランもあります。

そういうレストランは予約したいのですがと言った途端に、

We don’t take a reservation.
(うちでは予約をとっていません。)
と言われます。

こういう店の場合は、並ぶ時間まで含めてスケジュールを組みましょう。

細―いフレンチフライが付いたロブスターロールが有名なWest Village(ニューヨーク)のPearl Oyster Barなどはディナーが午後6時からですが、予約できないので、筆者は開店の45分ぐらい前に行って並びました。

クラムチャウダーや生ガキ・生クラムなど、他のメニューもうまいっ!です。

おわりに

人気レストランは後で時間を動かすのが難しいので、できれば早めに予約を入れて、それから前後の観光スケジュールを組むのが オススメです。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。