1. 料理
    2. 応用可能!一人暮らしにおすすめ「親子丼」の作りかた

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    応用可能!一人暮らしにおすすめ「親子丼」の作りかた

    このライフレシピのもくじたたむ

    一人暮らしだと、丼ものがとても楽です。でも料理が苦手、同じレシピばっかりになっちゃうといった心配があるかもしれません。

    材料を変えると違う丼にもなる親子丼を覚えて、応用していくのはどうでしょうか。作りかたも簡単です。

    用意するもの

    材料(1人分)

    • 鶏もも肉 1/2枚(100g程度)
    • たまねぎ 1/2個
    • 卵 1個
    • めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1
    • 水 大さじ3
    • サラダ油 大さじ1程度
    • ご飯 1膳分
    めんつゆは3倍濃縮なので、水を大さじ3にしています。めんつゆが2倍濃縮なら大さじ2の水でいいです。

    親子丼の作り方

    STEP1:材料を切る

    たまねぎは千切りに、鶏もも肉は一口大にし、卵は割って溶いておく。

    STEP2:玉ねぎを炒める

    フライパンにサラダ油を敷き、玉ねぎを炒める。

    STEP3:肉を加える

    玉ねぎがしんなりしたら、鶏肉を加えて炒める。

    STEP4:めんつゆを加える

    鶏肉の皮目にこんがり焼き目がついたら、めんつゆと水を混ぜ合わせたものを入れて蓋をする。

    STEP5:卵液を加える

    鶏肉の色が変わり、めんつゆが沸騰したら卵液を加え、半熟になるまで炒めます。

    STEP6:完成

    ご飯の上に盛り付け、完成です。

    おわりに

    この親子丼、応用が効きます。

    肉が鶏もも肉ではなく豚こま切れ肉なら「他人丼」、牛肉こま切れ肉なら「すき焼き風丼」、肉ではなくて油あげで作ったら「衣笠丼風」といったようにバリエーションも豊かです。

    味付けもめんつゆが基本で、玉ねぎも青ネギで代用可です。

    そして、鶏肉1枚、玉ねぎ1個で作れば翌日のお弁当にもなったり、2人分作れるのでおもてなし時のご飯にしてもいいです。

    覚えれば応用の効く親子丼、作ってみてはどうでしょうか。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人