1. 料理
    2. 7~8ヶ月頃の離乳食!カボチャの洋風白和えの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    7~8ヶ月頃の離乳食!カボチャの洋風白和えの作り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    7~8ヶ月頃になると離乳食も中期に入り、食べられる食材がグンと増えます。この時期には少しずつ味のあるものを食べさせていきたいですよね。

    ですが、まだ調味料を使うには少し早い時期です。素材の味を活かした味付けのものを食べさせてあげましょう。

    今回紹介するカボチャの洋風白和えは、甘くて調味料なしでもおいしくいただけるカボチャや豆腐に、栄養満点で、しかも風味の強い粉チーズで味付けしてみました。

    材料

    • カボチャ(種と皮を取ったもの)・・・約5g
    • 絹ごし豆腐・・・約10g
    • 粉チーズ・・・赤ちゃんのスプーンに1/2さじ

    作り方

    STEP1:カボチャに火を通す

    カボチャを、ふんわりとラップで包み、500wのレンジで1分~1分30秒くらいチンして、指で簡単に潰れるくらいの堅さにします。

    チンしすぎると焦げるので、様子を見ながら時間を調節してください。

    柔らかくなったら、7mm~8mm角に切ります。

    STEP2:豆腐を茹でる

    沸騰したお湯で、豆腐を30秒くらい茹でます。

    STEP3:和える

    豆腐を潰しながら、カボチャ・粉チーズと和えれば出来上がりです。

    おわりに

    あまり味のないお粥が苦手な赤ちゃんは、甘みや風味のある食材を使うと、よく食べてくれることがあります。

    また、この洋風白和えに、お醤油やマヨネーズを少量加えれば、大人もおいしくいただける洋風白和えになりますよ。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人