\ フォローしてね /

「へこ帯の都結び」は意外と簡単!浴衣帯の結び方

「帯を自分で結ぶのは難しそう」、「いつも同じ結び方しかできない」...と思っている方も多いのではないでしょうか?

でも、帯結びは覚えてしまうと意外と簡単です。ここでは「へこ帯の都結び」のやり方についてご紹介します。

※画像はイメージです。
※イメージ画像が新しくなりました。(2014/07)
※テキストの文章を一部修正しました。(2014/07)

本記事は、yukatamusubiのご協力により、2012年に執筆され 2014年に更新されたものです。

用意するもの

  • 浴衣
  • 浴衣スリップ
  • 腰紐
  • コーリンベルト
  • 伊達締め
  • 前板
  • 半幅帯(小袋帯やへこ帯でもOK)
  • ピンチ(洗濯ばさみでもOK)

STEP1 帯を前で合わせます

へこ帯を二つ折りにし、輪を下にします。中央を前で合わせます。

STEP2 胴にふた巻きします

後ろへ回して交差させます。このとき、一度キュッと引き、前に戻します。

STEP3 ひと結びします

結ぶ前に、たれを左右同じくらいの長さに調整します。正面で交差させ、ひと結びします。結び目がゆるまないよう、しっかり結んでおきます。

STEP4 輪をつくります

結び目の下になっているほうで輪をつくり、上からかぶせます。

STEP5 リボン結びをします

左右の輪の大きさが同じになるように結びます。キュッと締め、結び目がゆるまないよう注意しましょう。

STEP6 たれを結び目の下から上へ引き出します

もう片方のたれも同様に引き出します。

STEP7 羽根とたれを整えます

羽根をきれいに広げ、かぶせたたれのバランスを整えます。

STEP8 帯を後ろへ回します

帯を持ち、右から後ろへ回します。

逆方向に回すと、えり合わせがくずれるので注意しましょう!

STEP9 前をきれいに整えます

前をきれいに整えます。

STEP10 前板を入れます

前板を入れる事によって帯周りがスッキリ!帯が崩れにくくなります。

STEP11 へこ帯の都結びの出来上がり

へこ帯の簡単&大人のアレンジが完成です。

おわりに

へこ帯の都結びは、是非覚えておきたいバリエーションです。ふわふわでやわらかな素材感のへこ帯を結んで、結び目を隠すように、たれをかぶせるだけで完成します。

当日に初めて結ぶと、手順がわからずに慌てたり、上手く結べない場合があるので、前日までに一度練習しておくのがオススメです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。