\ フォローしてね /

しょうがの香りがたまらない!鶏ミンチの炊き込みご飯の作り方

このレシピの生い立ち・おすすめ理由

色々な素材を使って美味しくご飯をアレンジできるのが、炊き込みご飯の良いところですね。我が家も皆大好きな料理です。

今回は鶏ミンチとゴボウを使った簡単な炊き込みごはんのレシピを紹介します。

鶏肉は炊き込みごはんにすると、水分が抜けてパサつきやすいので、代わりにミンチを使うとしっとり美味しくなります。鶏肉と相性も良く、歯触りも良いゴボウを一緒に炊き込みます。

材料 (4人分)

  • 米 3カップ
  • 鶏ミンチ 80g
  • ゴボウ 1/2本(今回は細めのものを使用)
  • 酒 大さじ1.5
  • しょうゆ 大さじ1.5
  • 塩 小さじ1/3
  • しょうが 1片

「鶏ミンチの炊き込みごはん」の作り方

STEP1: ゴボウをささがきする

ゴボウはよく洗って、皮が気になる場合は包丁でこそげるように表面の皮だけをざっと取り除きます。

しっかり洗っていれば皮はそのままでも大丈夫。その方がゴボウの風味が味わえます。

まな板に乗せ、左手で端の方を少しずつ回しながら包丁を寝かせて薄くささがきする。

STEP2: 水につけてアクを抜く

ささがきしたゴボウは水にアクを抜くために水につけておきます。

STEP3:しょうがを切る

しょうがの半分程はすりおろして、しょうが絞り汁として使います。残りの半分は薄くスライスしてから細切りにして針しょうがを作っておきます。

STEP4: 炊飯器に材料を入れる

炊飯器に米をセットします。水加減は調味料の分少なめにしておいて、酒・しょうゆ・塩・しょうがの絞り汁を混ぜてから調整します。鶏ミンチと水気を切ったゴボウを入れて炊き込みごはんのコース又は普通の炊飯にします。

鶏肉の臭みを消すために酒としょうがの絞り汁を入れて炊きますが、炊けた後はしょうがの臭いは気にならないのでお子様でも大丈夫です。

完成!

炊きあがったらしゃもじで切るように全体を良く混ぜ、茶碗に盛りつけます。

大人の方は仕上げに針しょうがを乗せるのがオススメです。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。