\ フォローしてね /

古田敦也が教える!プロ選手が実践している正しいバットの軌道とは(動画あり)

このライフレシピのもくじたたむ

バットがどのように動くか意識してスイングをしていますか。打球が飛ばないのはもしかしたら、間違った軌道でバットを振っているのかもしれません。

もう一度スイングを見なおして、どのように軌道を描けばよいのか考えてみましょう。

本記事は、古田敦也氏の監修を元に、2012年にnanapi編集部が作成したコンテンツです。

動画で学ぶ

バットの軌道

ダウンスイングやアッパースイングなど、スイングは軌道によって名称が異なります。多くの人は上から下方向に振り下ろす「ダウンスイング」を教わってきたのではないでしょうか。

どのスイングが一番良いスイングなのでしょうか。

正しいスイングとは

プロ野球選手はほとんどが「レベルスイング」と呼ばれる、地面と水平にバットを振るスイングをしています。

レベルスイングは、バットがボールを正面から迎えるため芯を捉えやすく、強打が期待できるためです。

体重移動についてはこちらをご覧ください。

レベルスイングのポイント

レベルスイングをするためには、テイクバックの後の意識が重要です。テイクバックしたら、肩を内側に入れて、肩の辺りから横にバットを振ります。

レベルスイングは、回転を利用して肩を入れ、バットを回します。そのため、体の回転の力が最も伝わりやすいスイングです。

レベルスイングは体重移動や体の回転に連動しているスイングであり、芯に当て遠くに飛ばしやすい打法なのでおすすめです。

おわりに

今まで教わってきたスイングと異なる打法で戸惑った方もいるかもしれません。スイングに正解はありませんが、レベルスイングは理にかなったメリットが多いスイングなので、ぜひ試してください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。