1. コミュニケーション
    2. マインドマップで「使える」英単語の幅を広げる方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    マインドマップで「使える」英単語の幅を広げる方法

    おぼえた英単語を使えるためには、必要な時に一瞬でその単語が頭に浮かび、また、連想される語の語彙(ごい)がたくさんあるということが必要になります。

    今回は、「マインドマップ」というものを使って自分が「使える」語彙をチェックし、さらに英単語の幅を広げましょう!

    マインドマップとは

    イギリスのトニー・ブザンという人が提唱した、図解表現の仕方です。

    表現したいものや、テーマを中心に書き、そこから放射状にキーワードやイメージを伸ばしていきます。人間が物事を記憶する仕組みによく似ているので、簡単に理解・記憶することができます。

    正式な書き方もありますが、今回は簡略的な方法で進めます。

    語彙チェックのしかた

    まずは、自分が使える語彙をチェックしてみましょう。いろいろなテーマで、何度もやってみましょう。

    STEP1

    テーマを決めます。テーマは何でもいいですが、あまり具体的でなく、連想しやすいものを設定します。

    この記事では「音楽」というテーマにしてみます。

    STEP2

    白い紙(コピー用紙など)の真ん中にSTEP1で決めたテーマを大きく書きます。

    絵を入れてもいいですね。

    STEP3

    テーマから線をのばし、思いつくものをどんどん書いていってください。このとき、真ん中に近いほど抽象的に、離れるほど具体的になるように書いていってください。

    例:音楽>楽器>管楽器>フルート

    できるだけカラフルにし、英語での言い方がわからない語は日本語で書き込みましょう。

    思いついてすぐにかけた単語は自分が「使える」単語です!

    語彙を増やす方法

    さて、ここからは語彙を増やしていきましょう。

    先ほど連想した中で、英語ではどう書いたらいいのかわからず、日本語で書いた単語がありましたね。その単語を、辞書で確認し、書き込みましょう。

    途中で思いついた言葉があれば、さらに足していってもいいでしょう。

    おわりに

    カラフルにかけましたか?

    この方法は、いろいろな勉強・仕事に活用できます。インターネットで検索するとたくさんの情報がありますし、マインドマップ公式ページ(この記事の一番下にリンク有り)を見ても様々なことがわかります。

    楽しく勉強できて、大きな効果が出る方法なので、是非活用してくださいね!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人