1. 暮らし
    2. マイ休眠口座を使ってコツコツ貯金をする方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    マイ休眠口座を使ってコツコツ貯金をする方法

    貯金は禁煙やダイエットと同様、何の苦労もなくこなしてしまう人と、地獄の苦行だと感じる人とに分かれます。散財家の人に「カリスマ主婦のかしこい節約術」などという本を渡したところで「何だこのごわごわした紙。鼻もかめやしない」という事態になりかねません。

    今回はそんな人やずぼらな人でも出来る「休眠口座を使って小銭を貯める方法」をご紹介します。

    貯金は「この口座やお財布にお金がある」と知っていると貯まりません。貯まる前に使ってしまうからです。ならば「お金ある事を忘れちゃう」「あると知ってても手が出せない」ようにすればいいのです。

    休眠口座を使って小銭を貯める方法

    その1:ネット銀行の口座を開設する

    ネット銀行の口座を開設します。

    キャッシュカード発行が出来る銀行であってもキャッシュカードは発行しません。

    もし発行して貰っても、親の仇のようにハサミで切り刻んで捨ててしまいましょう。

    その2:メイン口座から自動入金

    お給料などが振り込まれるメイン口座からネット銀行口座に、毎月ごくわずかだけ、自動で振込むように申し込んでおきます。

    メイン口座のある銀行で手続きすればできます。

    気張って1万円とか入れてしまうと生活がしんどくなるので、口座のお金に手を出してしまって破綻します。2000~4000円程度がよいようです

    一部の銀行では振込手数料が一定回数無料だったりします(新生銀行など)。

    その3:ポイントサービスなどの換金先をネット銀行にする

    一部のポイントサービスでは銀行口座を指定してキャッシュバックできるものがありますが、その口座指定の時にネット銀行を指定しておきます。

    その4:口座の存在を忘れる

    ネット銀行の口座を作った事を忘れましょう。

    忘れる事ができず、どうしても口座のお金を使いたくなる人は、ネット口座のログインIDを書いてある紙を破棄するのもいいかもしれません。

    これで、マイ休眠口座(自動積立機能付き)の出来上がりです。

    口座からお金を引き出したい時には、電話で問い合わせて申請用紙を郵送してもらい、身分証明書を同封して返送すれば新しいIDを教えてくれるので大丈夫です。

    おわりに

    少々ドラスティックな内容も含んでおりますが、そうまでしないと貯まらないという人、貯金が趣味という人どちらにとっても「どこかで日々お金が貯まっている」という楽しみ、そして「貯金がある」というココロのゆとりが得られますよ。

    (image by ソザイング)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ