1. 暮らし
    2. 処分に困る!庭木を捨てる3つの方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    処分に困る!庭木を捨てる3つの方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    重いし運ぶのも大変な庭木。処分しようと掘り起こすと、意外と根が大きくて大変...。どこにどうやって捨てれば良いのか、どこに電話すれば処分してくれるのか、実はわからないことが多いですよね。

    そこで、効率的に庭木を処分する3つの方法をご紹介します。

    処分の仕方

    1. 燃えるゴミに捨てる

    引っこ抜くのも簡単な腰丈くらいの庭木の場合は、燃えるゴミの日に処分します。用意するものは以下の通り。

    • 軍手
    • のこぎり
    • ゴミ袋

    のこぎりで枝を切り、ゴミ袋に入るサイズになるまで切断します。木の棘が刺さらないように軍手を着用しましょう。

    また、木は意外と重いのでゴミ袋に入れる際は、運べる分量を見極めて小分けにします。

    お住まいの市区町村によって、燃えるゴミに捨てられるかどうか確認が必要です。

    2. クリーンセンターに持って行く

    お住まいの市区町村にクリーンセンターがある場合は、たいてい引き取ってもらえます。

    ただし、運ぶのは自力なので以下の条件を満たしている場合のみです。

    • 車に乗るサイズの庭木
    • 大きすぎる場合は自力で切断できる庭木

    大きな自家用車を持っている場合や、捨てる本数が多い場合に向いています。けっこうな力仕事になるので男手が必要ですし、複数の人に協力してもらうのが良いでしょう。もちろん、軍手は着用です。

    お住まいに市区町村によって、引き取り可能か調べる必要があります。

    3. 業者に依頼する

    引き取ってくれる業者はあるかもしれないけど、どうやって探したらいいの?という人が多いのではないでしょうか。引き取ってくれる業者は産業廃棄物回収業者や造園屋さん、あとは「なんでも処分します」という便利屋さんなどです。

    便利屋さんの場合は、5,000円〜10,000円程度見込んでおくのが良いかと思います。庭木のサイズや量、業者によって値段は様々ですので「庭木処分 ○○市」などインターネットで検索するのが一番効率的です。

    金額はかかりますが、以下の場合にはとても便利な処分方法です。

    • 大きくて運べない庭木
    • 庭木の本数が多すぎる場合
    • 人手が足りない場合
    • 緊急の場合
    毛虫の時期などは、処分を断る業者さんもいます。自分で処理する場合も、依頼する場合も害虫駆除をしておくことをおすすめします。

    おわりに

    庭木は処分が大変ですが、生活ゴミのように頻繁に出るものではありません。もし処分する機会があるようでしたら、庭の計画を早めに立てて、一気に済ませることをおすすめします。

    クリーンセンターや業者を使う際にも手間が1回で省けますし、経済的ですよ。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人