1. 暮らし
    2. 結婚するにはいくら必要?結婚費用の相場

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    結婚するにはいくら必要?結婚費用の相場

    このライフレシピのもくじたたむ

    結婚式という一生の中でも大きなイベントには、お金がかかります。

    結婚を考えるパートナーがいる方に、実際いくら必要なのか、著者の経験からお伝えします。

    相場価格

    結納

    地域によって、また結納のスタイルによっても大きく金額が変わってきます。

    一般的には、本人たちではなく、家同士で行うものですので、本人がお金を用意する必要はありません。

    ご家族としっかり相談することが大切です。

    両家顔合わせ

    最近では、結納をせずに両家顔合わせで会食などを行うケースが増えています。著者もこの形で行いました。

    和食料理屋やレストラン・ホテルなど、場所によっても変わってきますが、平均5~10万円です。

    このお金も、本人たちではなくご両親(男性側が多いです)が支払う場合もありますので、事前に決めておきましょう。

    婚約指輪・結婚指輪

    結婚式なしのカップルでも、指輪だけは欲しいものですよね。

    婚約指輪は、男性が女性に送る、結婚指輪はお互い送りあうことが多いです。

    費用はブランドやダイヤによっても変わってきますが、平均相場は婚約指輪が30~40万円、結婚指輪が二人分で21万円です。

    結婚式

    結婚するにあたり、一番お金がかかるのが結婚式ですね。会場によっても大きく費用に差があります。

    平均相場は300~350万円です。

    しかし、結婚祝いを頂くことを考えるのであれば、実際の負担額は100~150万円が最も多いです。

    結婚式の費用もご両親が負担する場合もあります。大きなお金ですので、しっかり話し合っておきましょう。

    ハネムーン

    こちらも、行き先や内容によって大きく費用が変わってきます。平均相場は55万円です。

    安いプランもたくさん用意されていますので、一度調べてみるのが良いでしょう。

    新居引越し

    結婚相手と生活する新居への引越しにも、お金はかかります。賃貸か持ち家かなど、状況によって大きく変わりますが、平均は105万円です。

    最低限必要なお金

    上記の金額だけ見れば、結婚にはものすごくお金がかかりそうですね。

    著者の場合、お互いにお金がないときに結婚したため、最低限しかお金を使っていません。

    • 両家顔合わせ
    • 結婚指輪
    • 引越し

    この3項目のみです。

    すべて合わせて、60万円程度かかりました。(顔合わせ10万円、指輪30万円、引越し20万円)

    逆を言えば、2人合わせてこの程度貯金があれば、結婚できますね。

    最近では、入籍後に結婚式をする夫婦も増えています。ちなみに、著者も入籍から1年間はお金を貯め、結婚式をする予定です。

    おわりに

    結婚にかかる費用は、カップルによってさまざまです。

    結納・結婚式・ハネムーンなど、何を重要視するのか結婚前に話し合い、自分たちに合った素敵な期間にしてくださいね。

    (Photo by http://www.ashinari.com/2012/04/01-360072.php

    このライフレシピを書いた人