\ フォローしてね /

イースター島で知っておくと便利な現地語

せっかくイースター島を旅行するなら、現地の言葉を使ってみませんか?イースター島では、スペイン語とラパヌイ語が使用されていますが、多くの島民がラパヌイ語ではなく、スペイン語を話します。ここでは、日常的に使うスペイン語と、簡単なラパヌイ語をご紹介します。

知っておくと便利なスペイン語

挨拶

  • Hola(オラ)               こんにちは
  • Buenos días(ブエノスディアス)     おはようございます
  • Buenas noches(ブエナスノチェス)    こんばんは
  • Chao(チャオ)              さようなら
Holaは昼夜関係なく使用できますので、Holaと別れの挨拶Chaoだけ覚えておくだけでも十分です。

御礼

  • Muchas gracias(ムチャスグラシアス) ありがとうございます
  • De nada(デナーダ)          どういたしまして
Muchasは英語のVeryにあたりますので、Gracias!だけでも簡単な御礼の表現になります。

レストランやショッピングで使う表現

  • Cuanto cuesta? (クアント クエスタ)   いくらですか?
  • Disculpe!(ディスクルペ)           すみません。
  • Cuenta por favor(クエンタ ポルファボール) お勘定お願いします
  • Que es esto?(ケ エス エスト)       これはなんですか?
  • Donde esta el baño? (ドンデ エスタ バーニョ?) トイレはどこですか?

知っておくと便利なラパヌイ語

現地の島民もスペイン語をメインで話しますが、ラパヌイ語の挨拶することもあります。簡単なラパヌイ語の挨拶も覚えてみてはいかがでしょうか。

IORANA (イオラナ)

こんにちは、さようならの両方に使える言葉です。

Maururu (マウルル)

ありがとう。

おわりに

現地の人とのコミュニケーションも旅の醍醐味ですよね。イースター島を旅行される際は、是非ご紹介した言葉を使ってみてくださいね。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。